矯正図書館刑事政策文献情報>バックナンバー


過去の文献情報

7月,  6月,  5月

最新号分はこちら

2014年7月

▽罪と罰51-3

・〈巻頭言〉再犯防止対策について……小野瀬厚
〈論説  再犯防止〉再犯防止対策の推進と刑事政策の課題……安部哲夫,検察における罪を犯した者の再犯防止や改善更生に向けた取組について……茂木潤子,刑事施設における再犯防止に向けた取組の現状と課題……宮田祐良,再犯防止と社会復帰促進に向けた社会内処遇の取組―住居と就労の確保に焦点を当てて……押切久遠
・〈刑事政策時評〉社会問題化と犯罪化……矢島正見
・〈海外の刑事政策のいま〉第16回汚職防止刑事司法支援研修「汚職事件の効果的な予防・摘発と官民協力」における海外客員専門家からの講義内容について……守屋和彦
・〈海外の刑事政策と日本〉スウェーデンにおける刑罰の正当化根拠と量刑論―いわゆる「均衡原理」の基礎……松澤伸
・〈司法と福祉の架け橋〉社会復帰支援における連携と倫理的課題……古川隆司
・〈刑事政策とボランティア〉更生保護におけるボランティア……辰野文理
・〈刑事政策研究室〉アメリカ少年司法制度における改革―過渡期にある日本の少年司法制度との比較……藤田尚
・〈刑事施策の現場から〉愛知県保護司会連合会の活動について……小林邦夫,自治体での保護観察対象者の雇用の取組について……吉川昌宏
・〈入門講座〉犯罪原因論入門―犯罪理論の諸潮流……影山任佐

▽自由と正義65-7

〈特集 刑事施設医療の現状と改革への道すじ〉「矯正施設の医療の在り方に関する報告書」について……冨澤一郎,刑事施設医療の抜本的改革に向けての日弁連の取り組み……田原裕之,フランスの刑事施設医療改革にまなぶ―刑務所に市民社会を巻き込む……海渡雄一/青木和子,刑務所における医療実践を通じて―『常勤医師の不在』という問題について……小髙満
・(第64回)“社会を明るくする運動”に寄せて―犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ……久保貴
・〈Book Review〉『いま、子どもの人権を考える―いじめ、虐待・体罰、被害者、少年事件、家族』(子どもの人権研究会編)……髙橋春菜,『少年事件の裁判員裁判』(武内謙治編著)……服部朗

▽季刊刑事弁護79

・〈法律家のための犯罪学入門〉(第20回)厳罰から司法と福祉の連携による再犯防止へ―地域生活定着センターの誕生と課題……浜井浩一

▽犯罪学雑誌80-3

〈日本犯罪学会設立百年記念大会報告I〉大会長挨拶……影山任佐,(大会長講演)日本犯罪学会百年,その歴史と展望―新たな犯罪学をめざして……影山任佐,(招聘講演)Clinical Criminology: What's Next?……Serge Brochu,(記念講演)ヒューマンということ……鷲田清一

▽被害者学研究24

・〈巻頭言〉犯罪被害者等基本計画と犯罪被害給付制度……奥村正雄
・基調講演:ジェンダー被害者学の必要性……岩井宜子
・被害者参加人の権限の範囲について……阿部千寿子
・性犯罪の非親告罪化と被害者保護……柴田守
・〈シリーズ:世界の被害者学〉(第20回)EUにおける被害者の権利保護―犯罪被害者の権利、支援及び保護に関する最低限の法規を定めた2012年10月25日の指令の概要……末道康之,(第21回)オーストラリアにおける被害者政策―論争から統合、そして権利保障へ……細井洋子/ロビン・ホルダー

▽警察学論集67-6

〈特集 高齢者犯罪対策〉(社会安全フォーラム:高齢者犯罪の実態と対策)高齢者犯罪の対策と予防―高齢犯罪者の特性と警察での対応を中心として……太田達也,社会福祉・老年学からみた高齢者犯罪……古川隆司,情勢説明(1)高齢者犯罪の実態……佐々木真郎,情勢説明(2)高齢者犯罪の現状……山口寛峰,刑務所から出るのが怖かった―長崎定着の実践から見えてきたもの……伊豆丸剛史,万引き対策:少年から高齢者へのシフト……若松修,パネルディスカッションの概要,高齢者犯罪の特徴と傾向について……鈴木定光

▽捜査研究759

・少年法の一部を改正する法律について……三谷真貴子

▽更生保護65-6

〈特集 生活習慣〉生活習慣を把握して指導する……三宅仁士,長崎啓成会における生活指導の現状……川内哲也,(現場からのレポート)食による立ち直り―食べて語ろう会のことなど……中本忠子,楽しい家庭を夢見たA子……柴田千穂子,生活習慣を変えて、より良い暮らしへ……金丸郁子
・愛の先駆者 甘蔗大吽夫妻……甘蔗由弘
・〈解説〉被害者等通知制度の拡充について……法務省保護局総務課被害者等施策班
・〈恩赦への道〉成長を重ねて念願の恩赦に……軽部尚子
・〈RELAYサポセン〉横須賀更生保護サポートセンター……堀越進
・〈就労支援と協力雇用主〉雇う側の覚悟……水口隆浩

▽青少年問題655

・〈巻頭論文〉平安時代の刑事政策……藤本哲也
〈特集 更生保護の現在〉更生保護の現在―若干の杞憂……生島浩,日本の更生保護の特徴と今後の方向性……小長井賀與,更生保護における最近の取組……吉田研一郎,更生保護における社会貢献活動―改正更生保護法の施行を念頭にして……大塲玲子,保護観察所における覚せい剤事犯者処遇プログラムについて……藤井淑子,“社会を明るくする運動”を通じて広げたい「地域のチカラ」……生駒貴弘

▽法律時報86-8

・〈刑事法学の動き〉藤田政博編著『法と心理学』……辻本典央
・第64回“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~に寄せて―立ち直りを支える地域のチカラとネットワーク……岩崎耕太郎

▽法律のひろば67-7

・第64回“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~に寄せて―社会資源の開拓と支援ネットワークの整備・拡大への取組……石原浩一

▽法曹765

・第64回“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~によせて……古田康輔

▽研修792

・社会資源の開拓と支援ネットワークの整備・拡大への取り組み(第64回“社会を明るくする運動”に向けて)……二階堂惠

▽臨床心理学82

・〈非行・犯罪の心理臨床〉(第2回)逸脱の理解―その核心と周辺……門本泉
・〈書評〉イエイツ/プレスコット著・藤岡淳子監訳『グッドライフモデル―性犯罪からの立ち直りとより良い人生のためのワークブック』……石丸径一郎

▽桐蔭法学20-2

・グリーン犯罪学研究序説―環境犯罪・エコ犯罪とその統制の「複雑性」と「不確実性」……竹村典良

▽南山法学37-3・4

・生命・身体に対する犯罪と被害者の同意……丸山雅夫 ・フランスにおける人身の自由に対する罪の処罰の強化……末道康之

立命館法学353

〈書評〉立命館大学法学叢書第16号 山口直也『少年司法と国際人権』……渕野貴生

▽関西大学法学論集64-1

・〈資料〉宋朝の立法・刑罰・裁判……佐立治人
・〈資料〉最高裁において平成二四年に確定した死刑判決一覧……永田憲史

島大法学57-3・4

社会内処遇としての医療観察制度の純化に向けて―司法から福祉への処遇視座の転換にむけて……三宅孝之

<TOP>

2014年6月

法務総合研究所研究部報告52

知的障害を有する犯罪者の実態と処遇……岡田和也ほか

▽刑法雑誌53-3

〈特集 高齢社会と刑事政策〉高齢社会と刑事政策:序論……瀬川晃,高齢犯罪者の実態と特質……髙山佳奈子,高齢者犯罪と刑事手続……葛野尋之,高齢受刑者の処遇……富山聡,高齢犯罪者・被害者と犯罪予防……伊藤康一郎
・〈ワークショップ〉危険運転致死傷罪をめぐる諸問題……佐久間修,ネットワーク犯罪……石井徹哉/渡邉友美,供述と心理学……豊崎七恵,性犯罪の適正処罰のための施策……小木曽綾,少年犯罪関係(少年院法改正、不定期刑、死刑)……鮎川潤,被害者参加と損害賠償命令……水谷規男

▽論究ジュリスト9

・〈刑事政策研究会〉(10)薬物犯罪 (基調報告)わが国の薬物乱用・依存問題の現状と政策的課題……和田清,(座談会)……川出敏裕/太田達也/金光旭/和田清/森野嘉郎

▽法学セミナー714

〈特集 少年法入門〉I少年法の歴史と理念……葛野尋之,II家庭裁判所の調査・審判と保護処分……岡田行雄,III刑事司法の中での少年法の理念……本庄武,IV生きている少年法 1家庭裁判所調査官の役割……高井一匡,2保護事件の付添人……安西敦,3少年刑事事件―少年重大事件弁護の現場から……松原拓郎,4少年院の処遇……鷲野薫,5少年院出院者の僕の付添人活動―3つの団体に所属しているから出来ること……髙坂朝人

▽犯罪と刑罰23

・少年法改正提案について……大貝葵

▽季刊刑事弁護78

・〈法律家のための犯罪学入門〉(第19回)少年事件の裁判員裁判で議論されるべきこと―少年院と少年刑務所の違いを中心に……浜井浩一

▽自由と正義65-6

・〈Book Review〉「子どもの法律入門(改訂版)―臨床実務家のための少年法手引き」廣瀬健二著/金剛出版(2013年9月刊)……近藤文子

▽刑事法ジャーナル40

・〈巻頭言〉新時代の刑事司法制度の行方……川出敏裕
〈特集 被疑者・被告人の身柄拘束の在り方〉身柄拘束の「必要」を考える……小木曽綾,勾留請求に対する判断の在り方について……安藤範樹,被疑者・被告人の身体拘束の在り方……小坂井久,フランスにおける公判前の身体拘束に関する制度について……杉原隆之
・〈外国刑事法務事情〉英国刑事法務事情(38)―XXXVIII 2013年12月~2014年2月の主要動向……清野憲一
・〈書評〉中谷陽二著『刑事司法と精神医学―マクノートンから医療観察法へ』(2013年、弘文堂)……安田拓人

▽更生保護65-4

・言葉との出会い……前田ケイ
〈特集 貧困〉経済的困窮と社会的孤立―今日における生活困窮者支援について……奥田知志,日本は貧困大国……橘木俊詔,生活保護受給者に対する総合的な自立支援の取組―埼玉県生活保護受給者チャレンジ支援事業(アスポート事業)……埼玉県福祉部社会福祉課,生活困窮者と就労支援―問われる自治体の役割……西岡正次,自立を目指す生活困難者への支援について……佐々木大志郎,(現場からのレポート)経済的貧しさと、家庭の諸相―A子の事例……T・J,貧困が絡む負のスパイラル―居場所をなくした少年の事例から……川島二三子,更生緊急保護等で支援団体等の協力を得た事例について……島田裕作,身寄りがなく経済的自立に結び付かなかった1号観察対象者の事例について……別木寛
・1万5千人の弱者を救った「幸せの村」―榊原弱者救済所の史実……西まさる
・〈RELAYサポセン〉広島・西区更生保護サポートセンター……藤島秀孝
・〈図書紹介〉協力雇用主活動事例集『更生に寄り添う喜び』(発行 全国就労支援事業者機構)……山田憲児

▽更生保護65-5

・地域での防犯活動―その作用を考える……島田貴仁
〈“社会を明るくする運動”特集〉地方公共団体から見た“社会を明るくする運動”について……高野律雄,第64回“社会を明るくする運動”―犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ―にあたって……“社会を明るくする運動”中央推進委員会事務局

▽NCCD Japan 48

・鳥取連続不審死事件からみる裁判員裁判と死刑判決……南部さおり
・少年法第四次改正の経緯……渡辺演久
・上海堤籃橋を歩く……落合剛之
・死刑問題に関する文献(47)……辻本衣佐

▽警察学論集67-5

〈特集 サイバー犯罪対策の新展開〉サイバー犯罪対策の新展開―産学官の連携に向けて……辻義之,サイバー空間の脅威に対処するための産学官連携への展望……緒方禎己/後藤和宏,サイバー犯罪の課題と対策―セキュリティ事業者の視点で……小屋晋吾,警察政策フォーラム:サイバー空間の脅威への対策における新たな展開―産学官連携への期待……警察政策研究センター
・〈実践講座・刑法総論〉(第13講)責任と刑罰(その3)―累犯・常習犯と併合罪加重……佐久間修

▽捜査研究758

・新たな乱用薬物「脱法ドラッグ」への対応―薬事法及び薬剤師法の一部を改正する法律の施行について……寶満智彦

▽精神科治療学29-5

〈特集 トラウマという視点から見た精神科臨床〉特集にあたって……松本俊彦,トラウマという視点から見えてくるもの……松本俊彦,トラウマティック・ストレスから見た犯罪行動―その理解と治療教育……藤岡淳子,隠れた性虐待の評価と包括的支援……高岡昂,隠れたドメスティック・バイオレンス被害の影響とその支援……信田さよ子,いじめ被害とPTSD……齋藤環,触法精神障害者とトラウマ……永田貴子/平林直,

▽臨床心理学81

・非行・犯罪の心理臨床(第1回)社会を困らせる“魅力的”な人々……門本泉

▽出版ニュース2345

・〈海外出版レポート・イギリス〉受刑者への本の差し入れの禁止の波紋……笹本史子

▽法政理論(新潟大学)46-4

・少年事件における少年の家族の地位・立場……松本史晴

▽白鷗法学20-2

・刑法沿革綜覧覚書……清水晴生

▽國學院法學51-3

・丹後国田辺藩の「敲」について……高塩博

▽國學院法學51-4

・丹後国田辺藩の「御仕置仕形之事」について―譜代藩における「公事方御定書」参酌の一事例……高塩博
・性犯罪者に対するサンクション―GPS型電子監視、居住制限そして登録・通知制度……甘利航司

専修法学論集120

アメリカ合衆国連邦最高裁判所における死刑をめぐる憲法判断:裁判例の展開……榎透

▽立教法務研究7

・少年事件における事案の真相解明―職権行使の合理的裁量……廣瀬健二

▽大学院研究年報(中央大学/法学研究科篇)43

・韓国における量刑の意義と量刑判断の不統一に関する研究……裵相均

中央学院大学法学論叢27-1・2

近時の刑法改正と重罰化について―総論上の問題を中心に……平澤修

▽琉大法学91

・スウェーデンにおける児童虐待と女性への暴力に対する法制度……高田清恵
・〈資料〉アメリカ合衆国ハワイ女性刑務所における受刑者処遇について(1)……武田昌則/矢野恵美

<TOP>

<
2014年5月

▽犯罪と非行177

〈特集 犯罪者・非行少年の社会参加〉刑の一部猶予制度の意義と課題……川出敏裕,少年警察活動としての継続補導及び社会奉仕体験活動等の実施―その変遷と新たな立ち直り支援への展開……渡邉一郎,京都家庭裁判所における社会参加型教育的措置について……柳下哲矢,社会参加活動としての院外教育―佐世保学園における取組……桑田裕,保護観察処遇における社会貢献活動の導入……稲葉保,非行防止に資する地域基盤の社会参加活動とは何か……小林寿一イギリスにおける社会奉仕命令の変遷及び現状並びに日本での社会貢献活動導入に際しての留意点……染田惠
・〈海外の犯罪学動向〉アメリカにおける犯罪減少の要因……藤田周良
・再非行防止のための少年鑑別所の実践―実務における法務省式ケースアセスメントツール(MJCA)の活用について……二ノ宮勇気
・保護観察における薬物処遇をめぐって―福岡保護観察所における処遇の現状と課題……本山美恵ほか
・「分かりにくさ」の理解に向けて―「無差別殺傷事犯に関する研究」から……守谷哲毅
・〈書評〉浜井浩一著『実証的刑事政策論―真に有効な犯罪対策へ』(岩波書店,2011年5月)……松原英世

▽法律のひろば67-5

・〈ひろば時論〉更生緊急保護による「入口支援」……(保)

▽刑事法ジャーナル39

〈特集 刑事裁判における前科〉量刑における前科……小池信太郎
・〈外国刑事法務事情〉(37)英国刑事法務事情―XXXVII 2013年9月~11月の主要動向……清野憲一

▽法学セミナー59-5

・〈ロー・ジャーナル〉新たな「公の秩序」と第4次少年法改正―刑事政策の担い手としての検察官……佐々木光明

▽家庭裁判月報65-8(本号で刊行終了)

・少年法改正の動向と実務への期待……酒巻匡
・身柄付き補導委託の意義と今後の課題について……佐藤傑/河野郁江
・家庭裁判所事件の概況―少年事件……最高裁判所事務総局家庭局

▽青少年問題654

・〈自著を語る〉『少年院教育はどのように行われているか―調査からみえてくるもの』広田照幸・後藤弘子編……広田照幸

▽犯罪学雑誌80-2

・知的障害を持つ児童の知能査定における簡易測定―最少下位検査数による知能指数の推定……緒方康介
・〈我が恩師(2)〉古畑種基先生の思い出……支倉逸人
・〈用語の豆知識〉「臨床犯罪学」……影山任佐

▽司法精神医学9-1

・精神障害者の司法精神医学の認識に関する研究……椎名明大ほか
・〈第9回日本司法精神医学会大会〉(会長講演)医療観察法以前の司法精神医学―松沢病院における実践……分島徹,(特別講演)司法精神医学の再構築……中谷陽二,(シンポジウム III 犯罪加害者に対する精神医学的アプローチ)刑事施設における精神医療の現状と課題……野村俊明,性犯罪者プログラムについて―実践,効果,問題点と今後の課題……藤岡淳子,発達障害と矯正医療―自閉症スペクトラムを中心に……舛屋二朗,医療観察法指定入院医療機関における「加害者」へのアプローチ―内省プログラム」を通してのかかわり……今村扶美             

▽精神保健研究60

・医療観察法施行から8年間の研究の概観……河野稔明ほか

一橋法学13-1

台湾刑事政策の近年の動向―二極化の狭間で……李茂生/葛野尋之(監訳)/陳依農(訳)

▽神奈川法学46-1

・軽微な犯罪類型の系譜―違式違詿條例から軽犯罪法へ……山火正則

立教法学89

少年司法制度とプライヴァシーの権利……岡田裕子

東洋法学57-3

アメリカ少年司法と合衆国憲法修正第八条に関する判例の動向について―絶対的終身刑をめぐる連邦最高裁「ミラー判決」(二〇一二年)を中心に……今井和利
アメリカにおける家族の崩壊と『子どもの権利』―児童虐待防止法制度を素材として……池谷和子
「家族の崩壊」と虐待防止法―日米配偶者間暴力・児童虐待統計を素材に……小島伸之
〈最終講義〉未成年者保護法研究が問いかけたもの……森田明

▽名古屋大学法政論集253

フランスにおける恩赦の研究史と最近の動向……福田真希
16世紀から18世紀フランスにおける暴力とその衰退……ミシェル・ナシエ/石井三記(監訳)/嶋中博章・福田真希(共訳)

▽愛知学院大学論叢 法学研究55-1・2

・刑量導出の理論的過程と量刑事情の機能……野村健太郎

▽近畿大学法学61-2・3

・テキスト・マイニングの手法を用いた量刑理由の記述統計分析―裁判員裁判制度導入前後の死刑・無期懲役判例を素材に……神田宏

龍谷法学46-3

・〈研究ノート〉刑事司法と福祉の連携に関する調査研究(スウェーデン)報告……斎藤司・土井政和ほか/刑事立法研究会社会内処遇班クリミナルボーデン(Kriminalvarden)スウェーデン本部調査報告……井上宜裕クリミナルボーデン(Kriminalvarden)保護観察所調査報告……甘利航司コールモーデン(Kolmarden)刑務所調査報告……金沢真理ハル(Hall)刑務所調査報告……金沢真理Krami調査報告……森久智江Samhall社調査報告……森久智江Basta!調査報告……丸山泰弘KRIS調査報告……大貝葵

龍谷法学46-4

〈研究ノート〉アメリカ合衆国における死刑の公正と適正手続―ワシントンDC死刑調査報告……死刑適正手続プロジェクト(DPDPP)/石塚伸一(監修)

▽矯正講座(龍谷大学)33

・少年院長会同協議事項に見る少年矯正の現状と課題……菱田律子
・更生保護における薬物事犯者対策の展望と課題……生駒貴弘
・〈矯正施設参観記:2012年度「矯正・保護課程」共同研究・施設参観報告〉全体報告……福島至,1宮城県地域生活定着支援センター……田村公江,2山形刑務所……畠山晃朗,3仙台保護観察所……宮内利正,4青葉女子学園……池田正興,5東北少年院……藏田光秋,6福島刑務所……澤田健一,7福島刑務支所……黒川雅代子
・〈矯正施設参観記:2013年度「矯正・保護課程」共同研究・施設参観報告〉全体報告……津島昌弘,1宮崎刑務所……畠山晃朗,2宮崎刑務所……池田靜,3更生保護施設「草牟田寮」……松田慎一,4鹿児島少年鑑別所……青木恒弘,5鹿児島県地域生活定着支援センター……清水教惠,6人吉農芸学院……菱田律子

▽キャンベル共同計画介入・政策評価系統的レビュー(龍谷大学)8

・重大な(暴力的または常習的)少年犯罪者:施設内矯正における処遇効果の系統的レビュー……浅野正(訳)
・子どもの反社会的行動及びメンタルヘルスに対する親の刑務所収容の影響:系統的レビュー……津富宏(訳)

▽熊本法学130

少年に対する有期自由刑の拡大について……岡田行雄

▽法政研究80-4

・〈資料〉行刑計画に関する二〇一二年三月二七日の法律第二〇一二-四〇九号(一)……フランス刑事制裁研究会(訳)
・〈資料〉被拘禁少年の教育と援護に関する一八五〇年八月五-一二日の法律……フランス刑事立法研究会(訳)

<TOP>

ホームへ 前のページへ


Copyright (C) 2003-2014 Japanese Correctiional Association Library, All rights reserved.
<お問い合わせ>