矯正図書館刑事政策文献情報>バックナンバー


過去の文献情報

1月,  12月,  11月

最新号分はこちら

2014年1月

▽罪と罰51-1

・〈巻頭言〉更生保護行政の展望……齊藤雄彦
〈論説 平成25年版犯罪白書〉平成25年版犯罪白書を読んで……伊藤康一郎,平成25年版犯罪白書「女子の犯罪・非行」を読んで……岩井宜子,グローバル化と日本の刑事政策……鮎川潤,最近の犯罪動向と犯罪者の処遇―平成25年版犯罪白書から……冨田寛,平成25年版犯罪白書特集「グローバル化と刑事政策」グローバル化と犯罪の動向……久米輝幸,平成25年版犯罪白書―外国人受刑者・外国人少年院在院者に関する特別調査委を中心として……岡田和也
・〈刑事政策時評〉「矯正と図書館サービス連絡会」の活動報告……藤本哲也
・〈海外の刑事政策のいま〉第155回刑事司法国際研修のいま―アジ研国際研修レポート(5)……清野憲一
・〈司法と福祉の架け橋〉東京地方検察庁における「入口支援」―検察から福祉へのアプローチ」……市原久幸
・〈刑事政策研究室〉「(甲號)指示事項」と「外國人ノ處遇標準」―わが国における外国人被収容者処遇の黎明期の再考……中條晋一郎
・〈刑事政策の現場から〉S製菓工場見学会同行記……米村俊郎
・〈入門講座〉刑事政策とは何か……川出敏裕

▽法律のひろば66-12

・平成25年版犯罪白書のあらまし……石原香代

▽法務総合研究所研究部報告51

・来日外国人少年の非行に関する研究(第2報告)……石原香代ほか

▽更生保護64-11

〈特集 犯罪被害〉犯罪被害者の心理と保護司として接する場合の留意点……小山みち子,更生保護における実施状況及び保護観察対象者が行う被害弁償等に関する法的支援について……法務省保護局総務課被害者等施策班,犯罪被害者支援に携わる際の2つのキーポイント……柳原悠介,刑事施設における「被害者の視点を取り入れた教育」について……大茂矢心一,しょく罪指導プログラムを直接担当して……下村栄志,(現場からのレポート)「心情伝達」を行った被害者担当保護司として感じたこと……K・I,警察署の協力を得て、被害弁償等を完了し、仮解除となったケースについて……T・H,心閉ざした遺族に対して……K・K
・大韓民国における保護観察事件管理と社会奉仕命令の実施状況について……法務省保護局観察課
・〈更生保護からつなげる〉(37)少年補導員の活動について―少年の笑顔・健全な成長を願って……古内敏子
・〈RELAYサポセン〉手稲更生保護事務センター……岡本和輝
・〈社会貢献活動紹介〉(13)青森保護観察所における社会貢献活動……森内潤
・〈北から南から:更生保護施設紹介〉福祉的支援を行って[更生保護法人徳風苑]……伊達幹雄

▽自由と正義64-11

・〈BOOK REVIEW〉 逃げられない性犯罪被害者 ― 無謀な最高裁判決 杉田聡編著/青弓社(2013年2月刊)……角田由紀子

▽自由と正義64-12

〈特集 犯罪被害者支援―現状と今後の展望〉犯罪被害者支援へのお誘い……山本剛,被害者参加制度・損害賠償命令の現状と課題……武内大徳/山崎勇人,民間支援団体「特定非営利活動法人全国被害者支援ネットワーク」の成り立ちと活動状況について……芦塚増美,性暴力被害者の支援最前線……長谷川桂子/望月晶子,北欧における犯罪被害者庁について―ノルウェーの市民庁・犯罪被害者支援政策を中心として……齋藤実
・〈弁護士のための新法令紹介〉(376)いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)……梶山知唯
・〈留学生報告〉(第4回)アメリカにおける修復的司法の実践状況―主に少年の処遇にかかる取り組みについて……中島千絵美
・面会室内における写真撮影及び録音について……山口健一/安元隆治

▽捜査研究752

・「刑法等の一部を改正する法律」及び「薬物使用等の罪を犯した者に対する刑の一部の執行猶予に関する法律」について……三谷真貴子
・〈インクのしずく〉(175)被害者匿名の起訴……土本武司

▽JCCD111

・イギリス「1998年閉鎖訓練センター準則」―少年矯正施設に関する法令(2003年準則による改正を含む)の邦訳……横山潔
・我が国における犯罪被害者に対するワンストップ支援に対する一考察―大韓民国における性犯罪被害者に対するワンストップ支援センターを訪問して……千手正治
・刑事司法制度と軽度認知困難を伴う人々……三井英紀
・「共生」という観点から見た「外国人」非行少年の問題について……綿貫由実子

▽ケース研究317

・少年矯正を考える有識者会議提言の実現に向けて―少年院に関する新たな施策の実施状況……小山定明
・窃盗癖の診断と治療……竹村道夫
・〈座談会〉補導委託について……鹿児島家庭・少年友の会
・〈実務ノート〉ベルギー少年司法事情―修復的司法と家庭少年裁判所の新設を中心に……山内陽子
・〈実務ノート〉少年と家族―試験観察での出会い……渋谷真理子

▽月刊福祉97-1

・〈論点・社会福祉〉子どもを犯罪から守るための児童相談所の役割と連携―具体的事例から考える……小西暁和

▽犯罪学雑誌79-6

〈特集 青少年の非行をめぐる犯罪学の新動向〉企画趣旨……小林寿一,青少年の非行を巡る犯罪学の新動向―精神医学の領域から……奥村雄介,男子非行少年の再犯関連要因の実証的検討……小林寿一ほか,非行からの立ち直りについて―警察による支援に焦点を当てて……久原恵理子,少年司法改革と保護思想の変容……安部哲夫

▽犯罪心理学研究51-1

・〈資料〉レイプ被害者に対する大学生の態度を規定する要因―性的役割とレイプに対する認知……小俣謙二

▽月刊生徒指導43-13

・いじめ防止基本方針と学校……嶋﨑政男
・〈教育再考〉(105)いじめ対策法で対策は進むのか……中西茂
・〈生徒マンスリー情報〉「いじめの防止等のための基本的な方針」について……文部科学省初等中等教育局児童生徒課

▽刑法雑誌53-1

〈特集 保安処分化する刑事罰と責任論・刑罰論の課題〉 刑罰が危険性に向き合うとき―問題提起にかえて……赤池一将,近年フランスの刑事司法分野における処遇政策の変遷―「社会内司法追跡」から「保安監置」まで……浦中千佳央,フランスにおける社会的反作用をめぐる近時の動向……井上宜裕,ドイツにおける保安拘禁の近年の情況について―保安監置をめぐる内外の動向……石塚伸一,「責任主義」と「比例原則」……髙山佳奈子

▽青山ローフォーラム2-2

・日本の刑事施設処遇における内観法再導入の検討―ドイツ行刑を参考に(2)……土ヶ内一貴

比較法学(早稲田大学)47-2

〈アメリカ法判例研究〉(12)II 刑務所運営の民間委託と職員個人の損害賠償責任―Minneci v. Pollrad, 132 S. Ct. 617(2012)……近藤卓也

▽阪大法学63-3・4

・昭和戦前期の未成年者処遇制度―昭和八年児童虐待防止法案審議を主たる対象として……田中亜紀子

愛媛法学会雑誌39-1・2,3・4

・〈資料:施設参観記録〉(3)松山学園,(4)韓国ソマン刑務所……松原英世

▽熊本法学129

・子ども虐待への刑事法的介入……岡田行雄

<TOP>

2013年12月

▽法曹時報65-11

・矯正の現状……法務省矯正局
・平成24年の検察実務の概況……法務省刑事局

▽法律時報85-13

〈特集  2013年学界回顧〉刑事政策……岡田行雄
・〈刑事法学の動き〉甘利航司「『電子監視(Electronic Monitoring)』研究序説」國學院法學50巻4号(2013年)……生田勝義

▽更生保護64-10

〈特集  高齢社会と家族〉 高齢者による犯罪と社会の在り方……樋口範雄, 高齢社会における高齢者の犯罪……宇戸午朗, 高齢犯罪者の処遇とその家族への支援について……小野篤郎,高齢者のこころ―深層を知り、病気を察知すること……松本一生,北海道地域生活定着支援センターの支援事例について……野村宏之,特別調整対象者を巡って……中川妙子/藤坂政行/三角元,(現場からのレポート)高齢社会と家族―Nさんを支えて……平川順三,高齢の保護観察対象者を担当して……尾崎由紀子,自立に向け立ち直った無期刑対象犯罪者の事例について……前田文子,高齢者の犯罪被害防止につなげる「友愛サロン」の活動……菅谷久子
・〈更生保護からつなげる〉(36)豊橋市子ども・若者支援地域協議会の取組……松井清和
・〈RELAYサポセン〉更生保護サポートセンター松江……高橋良次
・〈社会貢献活動紹介〉(12)大津保護観察所における社会貢献活動について……大津保護観察所
・〈就労支援と協力雇用主〉少年院で出前講座……成島実

▽犯罪学雑誌79-5

・厳罰による犯罪防止は可能か?―国際実証研究の結果を踏まえて……H. クーリー(原文英文)

▽警察学論集66-10

・性犯罪者における包括的地域トリートメント……齊藤章佳
・我が国における児童ポルノ排除対策の推進状況について(下)……山本和毅

▽警察学論集66-11

・第四次薬物乱用防止五ヵ年戦略について……菅井和雄

▽JCCD110

〈シンポジウム:非行少年の保護をめぐる新たな処遇の動向〉少年矯正における施策の方向性と少年院の現状―社会に開かれた少年院を目指して……名執雅子,少年の社会内処遇の実情と課題―地域社会における重層的・継続的支援体制の構築に向けて……幸島聡,イギリス「少年犯罪者施設準則」および「閉鎖訓練センター準則」について―少年院法案に関連して……横山潔,アメリカ合衆国における非行少年処遇の動向……鮎田実

▽家裁調査官研究紀要17

・生物-心理-社会モデルを分析枠組みとした非行メカニズム解明の在り方の検討―窃盗事案を対象として……小野誠ほか
・少年事件におけるアクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)の活用―関係フレーム理論及びルール支配行動の概念を中心に……三島義広

▽法学セミナー707

・〈ロー・クラス:少年法の基礎〉(第21講)一事不再理と不服申立て……武内謙治

▽青少年問題652

・青少年にとっての暴力団イメージ……山本功

▽ざ ゆーす13

〈特集 求められている「支援」とは?〉(少年の立ち直り支援フォーラム シンポジウム)ひとつのきっかけが少年を変える!……(パネラー)才門辰史/橘ジュン/辻裕子/林和治/(進行)春野すみれ,僕の出会い・気付き・夢……松尾昌人,自立とは―共に生き、共に育つ……多田元
・〈被害者との対話が非行をおかした少年にもたらすもの〉(4)性犯罪ではムリ?被害者と加害者の対話……山田由紀子

▽月刊生徒指導43-12

・〈いじめのかたち〉(2)「ネットいじめ」とは何か……三島浩路
・〈“つながり”を探して〉(31)少年院を経験した人々の力……金澤ますみ
・〈生徒指導マンスリー情報〉「いじめ対策等総合推進事業」について……文部科学省初等中等教育局児童生徒課

▽法と精神医療28

・強制通院制度と薬物治療……小口芳世
・責任能力に関する四つの最高裁判例を踏まえた精神鑑定の在り方について……森裕

▽精神科治療学28-10

〈特集 行動制限の実際と最小化に向けての取り組み〉医療観察法病棟での取り組み……平林直次
・医療観察法における「内省プログラム」の開発と効果―待機期間を対照群とした介入前後の効果測定……今村扶美ほか

▽法と心理13

・〈法と心理学会第13回大会ミニシンポジウム〉少年審判における検察官関与と被害者質問の導入―その必要性と帰結をめぐる議論……小林麻衣子ほか
・〈法と心理学会第13回大会ワークショップ〉司法臨床の展開(第二報)―情状鑑定と裁判員裁判……廣井亮一ほか,裁判員裁判と求刑―公判技術に関する実証研究における一つの試み……岡田悦典ほか,死刑判断に関する実証的考察……綿村英一郎ほか,店舗における万引きの実態と万引きへの対応と防止対策の検討……大久保智生ほか
・日本被害者学会について……高橋則夫
・〈書評〉廣井亮一著『カウンセラーのための法と臨床―離婚・虐待・非行の問題解決に向けて』(金子書房・2012年)……河越隼人

▽臨床心理学78

・〈臨床シンポジウム:近接領域との対話〉(第5回)警察の犯罪被害者支援における臨床心理士等の役割……滝澤依子/川畑直人

▽こころの科学172

〈特別企画 暴力の心理(齋藤環編)〉司法精神鑑定例にみる暴力の諸側面……木畠秀吾/北原舞,暴力の精神分析……松本卓也,暴力と支配の心理学……龍島秀広,暴力と表現……高嶺格,戦争と暴力……中尾知代,指導に暴力は必要か―体罰をめぐって……為末大,いじめと暴力―いじめ研究と進化理論の統合……内藤朝雄,自傷という暴力……松本俊彦,子ども虐待……森田展彰,子どもから親への家庭内暴力……齋藤環,DV被害者支援……信田さよ子,DV加害者更生プログラム―体系化された加害者への心理療法序論……草柳和之,性暴力・性犯罪の心理……奥田剛士/藤岡淳子,(エッセイ:暴力をめぐって)理性と暴力のあいだ―理性は暴力を超えられるのか?……上野成利,子どもへの暴力について思うこと―権力・支配からの解放を……喜多一憲,ヘイト・スピーチ被害者のケアに緊急な取り組みを!……師岡康子,予期からのズレと暴力―発達障害当事者の観点から……綾屋紗月
・〈贖罪とは何か〉(第16回)誠意を示すということ……青島多津子

▽國學院法學51-2

・犯罪者更生のための怒りについて―バガヴァッド・ギーターとダンマパダによって……白井駿
・「公事方御定書」の元文三年草案について―「元文三午年御帳」の伝本紹介……高塩博

▽立正法学論集47-1

・〈文献紹介〉キルステン・ハイズィヒ『忍耐も尽きた』(Das Ende der Geduld)(4)……比嘉康光

▽名城ロースクール・レビュー28

・スーパー・デュー・プロセスについて……小早川義則

▽関西大学法学論集63-3

・〈資料〉施設見学記録(22)和泉学園……永田憲史

▽立命館法学349

・〈資料:日中比較刑事法セミナー(2)〉I. 中国における薬物犯罪の動向及び刑事政策の展望に関する資料の掲載に当たって……松宮孝明, II. 何栄功:中国における薬物犯罪の動向及び刑事政策の展望……張小寧(訳)

琉大法学90

性暴力の罪の行為と類型……森川恭剛

<TOP>

<
2013年11月

▽犯罪と非行176

・支援者とはどういうひとびとか……上野千鶴子
・詩が開いた心の扉……寮美千子
・〈座談会〉「犯罪現象と住民意識」―犯罪不安感はどこから来るのか……守山正(司会)/河合潔/河合幹雄/小島隆矢
〈特集 いじめ問題とその対応〉いじめ……内藤朝雄,いじめ問題の現状とその対策……小林由貴,大津市立中学校いじめ自死事件に関する第三者委員会の活動内容と今後の第三者委員会の課題とあり方……渡部吉泰,「異端の鳥」を生き延びる道を教えよ―いじめ問題の背景としての教育……佐々木央,海外のいじめ問題について―イギリスを中心に……加野芳正
・〈海外の犯罪学動向〉スウェーデンにおけるジェンダーの視点から見た受刑者処遇……矢野恵美
・脳損傷(brain injury)と刑事政策―「隠れた障害」の問題性……渡邉泰洋
・地域の伝統を取り入れた矯正教育[沖縄女子学園]……澁谷伊織
・保護観察所における性犯罪者処遇のあり方について―再犯リスクの分析を踏まえて……勝田聡/羽間京子
・就労支援を考える―アンケート調査等から見えてくるもの……山田憲児
・〈書評〉川出敏裕・金光旭著『刑事政策』成文堂2012年……安部哲夫

▽法律のひろば66-11

・〈ひろば時論〉「いじめ防止対策推進法」と法務局の取組……(権)
〈特集 刑の一部執行猶予制度の導入と再犯防止〉刑の一部の執行猶予制度―その意義と展望……今井猛嘉,刑の一部の執行猶予制度の導入の経緯と法整備の概要……東山太郎,刑の一部の執行猶予制度と社会貢献活動の導入に係る更生保護法の改正……勝田聡,制度導入に向けた更生保護における実施態勢の整備の取組……西﨑勝則,再犯防止に係る施設内処遇の現状と課題……日笠和彦,再犯防止等の刑事政策の目的に向けた検察の取組……古宮久枝

▽犯罪社会学研究38

〈課題研究:犯罪率の低下は,日本社会の何を物語るのか?〉問題提起……土井隆義,先進国における犯罪発生率の状況と日本の状況への国際的関心……宮澤節生,日本の犯罪は減ったか?減ったとすれば,その原因は何か?―犯罪統制のネット・ワイドニングと刑事訴追の重点主義化……石塚伸一,なぜ犯罪は減少しているのか……浜井浩一,後期近代の黎明期における少年犯罪の減少―社会緊張理論と文化学習理論の視点から……土井隆義,犯罪ニュースにおける犯罪の波―なぜ犯罪の減少は人々の話題にならないのか……大庭絵里
・「通り魔的」の誕生と犯罪被害者問題―犯罪被害者補償に関する新聞報道のカテゴリー化実践に注目して……岡村逸郎
・薬物問題に対する欧州アプローチと脱犯罪化統制の現在―ハーム・リダクションの動向と含意……佐藤哲彦
・1950年代から1970年代の更生保護制度における「官民協働」論の変容と継続―保護司への役割期待の本質……高橋有紀
・犯罪リスク認知の規定構造の時点間比較分析―犯罪へのまなざしの過熱期と沈静化期……阪口祐介
・受刑者における「塀の外で死ぬ」権利……安田恵美
・〈犯罪研究動向〉少年をめぐる法改正の動向……武内謙治,貧困と殺人に関する国際比較研究の動向……津島昌寛,学校病理研究の動向―非行,いじめ,不登校の研究の学校化と多様化……樋田大二郎
・〈書評〉『警備業の分析視角―「安全・安心な社会」と社会学』田中智仁著・明石書店・2012年……谷岡一郎,『少年司法における科学主義』岡田行雄著・日本評論社・2012年……渡邊一弘

▽更生保護64-9

〈特集 ネット社会〉サイバー犯罪被疑者の更生に向けて……木村公也,インターネットにおけるホームページの活用について……板谷充,インターネットによる人権侵害について……中西毅彦,保護観察処遇におけるインターネットの活用について……中村秀郷,情報化社会に於ける情報の管理について……法務省保護局更生保護行政情報化推進室,インターネット依存症について……三原聡子/樋口進,青年期のネットコミュニケーション……小寺信良,法務省保護局公式ツイッターの運用について……法務省保護局広報担当
・〈RELAYサポセン〉更生保護サポートセンターいみず……林弥生
・刑の一部の執行猶予制度の導入及び社会貢献活動を特別遵守事項の類型に加えるための法律について……法務省保護局参事官室

▽刑事法ジャーナル37

・〈外国刑事法務事情〉英国刑事法務事情(35)―XXXV 2013年3月~5月の主要動向……清野憲一

▽警察学論集66-9

・犯罪予防の理論に基づく非違事案防止のための試論……金山泰介
・「刑法等の一部を改正する法律」及び「薬物使用等の罪を犯した者に対する刑の一部の執行猶予に関する法律」について……東山太郎
・我が国における児童ポルノ排除対策の推進状況について(上)……山本和毅
・〈警察政策フォーラム〉ファミリー・バイオレンスへの対応……警察政策研究センター,私的な領域における安心・安全をどう確保するのか―「ホーム・バイオレンス」への対応……後藤弘子,ファミリー・ジャスティス・センター(FJC)モデル―米国におけるファミリー・バイオレンス被害者のためのワンストップ・サービスの導入事例……Brett. L. Johnson/平居秀一編集,パネルディスカッション(討論)の概要

▽捜査研究751

・〈インクのしずく〉(174)絞首刑の残虐性・再論―大阪パチンコ店放火殺人事件判決……土本武司

▽自由と正義64-9

・国連拷問禁止委員会第2回日本政府報告書審査を踏まえて……拷問等禁止条約に関するワーキング・グループ
・〈BOOK REVIEW〉『少年事件付添人マニュアル(第3版)―少年のパートナーとして』福岡県弁護士会子どもの権利委員会編/日本評論社……須納瀬学

▽NCCD46

・被疑者・被告人段階における福祉による支援の位置づけ―福祉関係者の関わりの動きを踏まえて……浜崎昌之
・新時代の刑事司法制度の改革を考えるために(序論)……多田庶弘
・死刑問題に関する文献(45)……辻本衣佐

▽研修783

・飲酒運転対策の多角化について……今井猛嘉

▽法学セミナー705

・〈ロー・フォーラム:立法の話題〉いじめ防止対策推進法の成立―いじめ防止のための基本的な理念、体制の整備等……(S)

▽法学セミナー705,706

・〈ロー・クラス:少年法の基礎〉(第19講)(第20講)処分(1)(2)……武内謙治

▽月刊生徒指導43-11

〈特集 いじめ防止対策推進法〉(座談会)教師のアンテナを高めるためには……田中和夫/石川真理代/大塚一雄/市川美奈子/合田淳郎,「いじめ防止対策推進法」の成立を受けたいじめ問題への取組の徹底について……文部科学省児童生徒課,学校における対応とその留意点……尾木和英,いじめ防止対策推進法
・更生保護を担う青年ボランティアBBS!……長谷川正光
・〈いじめのかたち〉(1)「いじめ」を分ける……三島浩路
・〈生徒指導マンスリー情報〉「体罰の実態把握について(第2次報告)」と「いじめ防止基本方針」策定について

▽教育と医学61-10

〈特集 虐待の世代間連鎖を断ち切る〉悲しいことば……満留昭久,育ちの歴史における「世代間連鎖」……田中康雄,虐待の世代間連鎖の背景とその対応……徳永雅子,世代間連鎖を断ち切るための児童相談所の役割と課題……松﨑佳子,虐待を防ぐための予防的介入と親子支援―北米やオーストラリアの実践から……久保田まり

▽ケース研究316

・〈巻頭言〉ある少年の交通事件……嶋原文雄

▽こころの科学171

・〈贖罪とは何か〉(第15回)異国の塀の中で……青島多津子

▽臨床心理学77

〈対人援助職の必須知識 スクールカウンセリングを知る〉いじめ問題への構造的介入……増田健太郎,非行問題の介入の基本的視点……松嶋秀明
・〈臨床心理学・最新研究レポート〉(第5回)もしサイコパシーの受刑者がサンデル教授の正義論を読んだら……杉浦義典

▽臨床心理学(増刊)5

〈実践領域に学ぶ臨床心理ケーススタディ〉(司法・矯正)少年審判……室城隆之,社会的養護……青島多津子

▽ロールレタリング研究13

・〈日本ロールレタリング学会第13回大会教育講演〉自己受容と他者理解のために―視点を変えれば自分が変わり相手が違って見える……竹下三隆

一橋法学12-2

2000年代以降の日本と英国における更生保護制度の問題点と今後の展望(1)―更生保護における「ナラティブアプローチ」の可能性と限界……高橋有紀

法学政治学論究98

韓日における国際受刑者移送制度の現状と課題……徐運在

▽國學院法學51-1

・犯罪者へのゆるしの構成―キリスト教神学とダンマパダの視点から……白井駿

▽比較法雑誌47-2

・我が国における保護観察対象者による社会貢献活動の発展可能性に関する一考察―ニュージーランドにおける社会内労働を通じた就労支援の観点から……千手正治

▽中央ロー・ジャーナル10-1

・ヨーロッパ諸国間における犯罪人引渡法制の現代的変容(2)―効率性と人権原則との調和・両立を目指して……北村泰三

▽南山法学36-3・4

・カナダの少年司法政策―非行少年法から少年刑事裁判法へ……丸山雅夫
・保安監置の限界(1)―ドイツ連邦憲法裁判所と欧州人権裁判所の「往復書簡」を手掛かりに……水留正流
・〈研究ノート〉イギリスにおける受刑者人権保障と刑務所監視体制……澤登文治

▽名城法学論集大学院研究年報40

・中国における刑法改正と環境犯罪への取り組み……高橋佑佳

▽大阪市立大学法学雑誌59-4

・〈資料〉「諸吟味書」(六番帳)―明治二年大阪府の刑事判決録……安竹貴彦/「諸吟味書」研究会
・〈資料〉「刑事御仕置伺書綴」(貳)―明治二~五年大阪府の重罪刑事判決録……安竹貴彦/西川哲矢

▽同志社法学361

・有罪判決に基づかない犯罪収益の剥奪―アメリカおよびイギリスの制度を中心に……林詩書

▽同志社法学362

・刑事裁判覚書(続)―刑の量定を中心として……佐藤嘉彦

龍谷大学大学院法学研究15

子どもの性的保護と刑事規制―児童ポルノ単純所持規制条例の意義と課題……西垣真知子

島大法学56-4

犯罪被害者の人権保障のための政策は刑法における刑罰論の軛か?―犯罪被害者に対する国家的無過失損害賠償制度は人権及び刑罰を進化させるか?……野村貴光

島大法学57-1

刑事責任と非難―法的責任の前提としての非難の純化……三宅孝之

▽司法法制部季報134

・「監獄則」期の警察署留置場における未決拘禁―いわゆる“代用監獄”生成の一側面……兒玉圭司

<TOP>

ホームへ 前のページへ


Copyright (C) 2003-2014 Japanese Correctiional Association Library, All rights reserved.
<お問い合わせ>