矯正図書館刑事政策文献情報>バックナンバー


過去の文献情報

9月,  8月,  7月

最新号分はこちら

2016年9月

▽法律のひろば69-8

・〈ひろば時論〉更生保護施設―薬物事犯者に対する取組を中心に……(保)

▽更生保護67-8

〈特集 遵守事項〉更生保護法における遵守事項の意義について……西岡総一郎,遵守事項違反による不良措置と刑の一部の執行猶予制度……法務省保護局観察課,保護観察処遇の基盤となる遵守事項について……鈴木美香子,仮解除申出を審査する際のポイントについて……成田圭子,教育現場における規範意識かん養の考え方……滝充,遵守事項を説明する際の工夫やポイント……飯塚華朋,(現場からのレポート)諦めることなく、根気よくつながる……艸香雄道,来訪が継続しない少年を担当して……U・E,交通法規の軽視が改善され保護観察の解除に至った事例……池田昌孝,遵守事項違反の状態からぐ犯通告を選択した事例……梅木採途子
・〈世界の保護観察事情〉(7)カナダの社会内処遇制度……谷真如
・〈社会貢献活動紹介〉(30)牛乳パックを再利用した手すき和紙はがき作り……宮田スミ子
・〈図書紹介〉『保護観察とは何か―実務の視点からとらえる』(編集 今福章二・小長井賀與、発行 法律文化社)……押切久遠

▽研修819

・検察における刑事政策的配慮について……吉開多一
・〈実務のしおり:保護の現場から〉暴力団からの離脱と社会復帰支援について……永井文昭

▽ジュリスト1497

・〈最高裁 時の判例―刑事〉刑事施設にいる被告人から交付された上訴取下書を刑事施設職員が受領した場合と刑訴法367条の準用する同法366条1項にいう「刑事施設の長又はその代理者に差し出したとき」……馬渡香津子

▽刑事法ジャーナル49

・依頼者と弁護士の間の通信秘密の確立に向けて―刑事手続、刑事収容施設に関する近時の裁判例の分析……片山達
・〈外国刑事法務事情〉英国刑事法務事情(47)―XLVII 2016年3月~5月の主要動向……清野憲一

▽法律時報88-10

・〈法律時評〉石巻事件の元少年はなぜ死刑になったのか―2016年6月16日最高裁判決に思う……門野博
・〈刑事法学の動き〉生田勝義「死刑と生命権についての一考察」立命館法学360号(2015年)395頁……斉藤豊治

▽法学セミナー740

・〈最新判例演習室―刑事訴訟法〉死刑確定者による信書の発信……石田倫識

▽法学セミナー741

・〈法学者の本棚〉小西聖子著『犯罪被害者の心の傷(増補新版)』白水社2006年,初版1996年……柑本美和

▽警察学論集69-9

・これからの犯罪被害者支援施策(上)―第3次犯罪被害者等基本計画を中心に……安田貴彦

▽法曹790

・〈海外だより〉ノースカロライナ州での研究生活―ティーンコートを中心に……秋田純

▽司法福祉学研究16

・性加害行為のある知的障がい者に対する支援者の意識と今後の支援方法に関する一考察―障がい福祉領域における支援者への意識調査より……山﨑康一郎/我藤諭/水藤昌彦
・民事司法における法律専門職と福祉分野の連携―発達障害事例からの考察……稲村厚
・教護院・養護施設における実践要領の形成過程と共通する援助原理……竹原幸太
・入口支援の現状と課題に関する一考察―東京地方検察庁の社会福祉アドバイザーを経験して……松友了
〈日本司法福祉学会第16回大会―インクルージョンを促進する社会的条件〉早稲田大学社会安全政策研究所企画セッション・基調講演・シンポジウム概要:インクルージョンを促進する社会的条件……石川正興,(第1分科会)入口支援における弁護士(会)と社会福祉士(会)の連携―東京司法・福祉連絡協議会の実践を踏まえて……松友了ほか,(第3分科会)女子刑事施設の現状と課題……矢作由美子ほか,(第5分科会)新少年院法及び少年鑑別所法運用上の主な課題とその対応策について……室井誠一ほか,(第6分科会)児童自立支援施設における自立支援の現状と課題……髙橋幸成ほか,(第7分科会)児童福祉施設から自立する子ども達に必要なこと……小木曽宏ほか,(第8分科会)子どもシェルターの現状と課題―機関・団体連携を視野に……小西暁和ほか,(第9分科会)司法福祉実践を担う対人援助専門職の人材育成のあり方……齋藤知子ほか
・〈書評〉丸山泰弘著『刑事司法における薬物依存治療プログラムの意義―「回復」をめぐる権利と義務』2014年……辰野文理,セカンドチャンス!著『陽はまた昇る―少年院等出身者への応援メッセージ』2015年……杉浦ひとみ

▽月刊生徒指導46-11

・〈非行・問題行動と初期支援〉(第1回)初期支援に必要な見立てと家庭との連携……石橋昭良
・〈生徒指導事件史〉(第7回)「学校荒廃」の系譜(2)校内暴力……嶋﨑政男

▽国立のぞみの園紀要9

・障害のある犯罪行為者の受入れ経験のある事業所における支援に関する研究―情報収集,評価・分析・解釈,共通理解に着目して……相馬大祐ほか

▽臨床心理学95

〈特集 治療的コミュニケーション〉言葉に時間を読む―治療的コミュニケーション特集にあたって……森岡正芳,(複数の)声を取り戻す―回復してゆく虐待加害者から学ぶ……村上靖彦,記憶はどのように伝えられるか―子どもへの司法面接と多機関連携による協同面接……仲真紀子,虐待をめぐる親との対話……久保樹里,処遇の場で対話を拓く―加害者臨床/ピアグループ……立原弘樹

▽性とこころ7-1

〈特集 援助職とセクシュアリティ〉性加害行為のある知的障がい者への支援に関する調査から―その結果と援助職による一考察……益子千枝,刑事施設の「先生」という役割……田村勝弘,受刑者ではなく、人としての営みを尊重した社会復帰への取り組み(長期刑受刑施設である千葉刑務所での就労支援を例にして)……河角恵子

▽性とこころ7-2

・〈現代のトピックス〉ストーカー加害者治療―刑事司法と精神療法の連携……福井裕輝
・満期出所者に対する支援……田村勝弘
・ストーカーおよびDV犯罪予防のための取り組み……五十嵐愛子/篠原百合子/田中光子

▽日本精神科病院協会雑誌35-9

・〈巻頭言〉相模原障害者施設殺傷事件に思う……山崎學

一橋法学15-2

中国の死刑制度とその歴史的政治性……王雲海
接見にさいしての弁護人の写真撮影をめぐる法的問題(1)……葛野尋之
犯罪事実の解明による刑の減軽制度について……本庄武
中国における犯罪被害者の権利保護について……肖萍

▽中央ロー・ジャーナル13-1

・〈判例研究〉接見交通における写真撮影……横井弘明

朝日法学論集47

〈資料〉施設参観記録「岐阜刑務所」……大野正博

▽神戸法学雑誌66-1

・〈研究ノート〉犯罪論のあり方について―鈴木茂嗣『二元的犯罪論序説』を受けて……小田直樹

<TOP>

2016年8月

▽法律のひろば69-8

・〈ひろば時論〉少年鑑別所における健全な育成のための支援……(矯)

▽更生保護67-7

・出会いは必然―袖すり合うも多生の縁……ゴルゴ松本
〈特集 保護観察における就労と協力雇用主〉就労の意義と支援の実際……川端英樹,刑務所出所者等の就労支援について……法務省保護局更生保護振興課社会復帰支援室,保護観察における就労と協力雇用主―アンケート結果から見えてくるもの……山田憲児,ハローワークにおける就労支援について―ハローワークを活用した就職……青森清全,(現場からのレポート)少年院出身者が協力雇用主になって……竹中ゆきはる,吹田市における保護観察対象者等の雇用について……和泉愼次/大阪保護観察所民間活動支援専門官室,清掃パートを就労支援の1つの形として……真田安浩,協力雇用主として……野々山賢一,更生保護就労支援事業所の役割と支援の実際……荒木孝則,栃木県就労支援事業者機構の紹介で職を得た保護観察対象者の事例等……三須強志
・〈RELAYサポセン〉鳥取更生保護サポートセンター……飯田修三
・〈世界の保護観察事情〉(6)アメリカ合衆国の社会内処遇について……森隆司

▽研修816

・〈各分野で活躍する検察職員〉刑務所に出向して……中野智博
・「刑務所出所者等の再犯防止につながる『仕事』と『居場所』の確保を推進する取組・薬物依存からの回復と社会復帰を支援する取組」について(第66回“社会を明るくする運動”の実施に向けて)……笹井啓二

▽研修817

・強制わいせつの罪の保護法益について……山中敬一
・ドキュメント・東京地検社会復帰支援室―3年間で1,200件!! その驚きの内幕……鈴木朋子

▽法律時報88-8

・〈刑事訴訟法判例研究〉(55)勾留中の被告人の拘置所居室等の捜索・差押……川崎英明

▽季刊刑事弁護87

〈特集1 執行猶予〉本特集の趣旨……菅原直美,いまさら聞けない執行猶予のイロハ……遠山大輔,裁判所の量刑理論と弁護活動……辻孝司,意外と知らない保護観察中の生活……福西毅,刑の一部執行猶予制度の概要……宮村啓太
〈特集2 各地で息づく「治療的司法」の実践〉本特集の趣旨……指宿信,治療的司法とは何か……指宿信,(事例報告)(1)性犯罪の刑事弁護……笠原麻央,(2)クレプトマニア(窃盗癖)の刑事弁護……林大悟,(3)福祉的支援を必要とする人への刑事弁護……山田恵太,暴力臨床の実践と理論―男性・父親の暴力をなくす男親塾の取組み……中村正,少年司法と治療的司法……後藤弘子,奈良少年刑務所における性犯罪再犯防止指導……犬塚貴弘
・法廷内における手錠腰縄と被告人の人権……辻本典央
・〈法律家のための犯罪学入門〉(22)イタリアの少年司法制度……浜井浩一
・危険ドラッグ沈静後の薬物犯罪……小森榮

▽犯罪学雑誌82-3

(第52回日本犯罪学会総会報告) ・〈特別講演〉危険ドラッグの流通実態の変化……花尻(木倉)瑠理
・〈教育講演〉犯罪捜査における防犯カメラ画像解析の有用性……厚地将
・犯罪捜査におけるDNA鑑定の問題点……藤田義彦

▽刑事法ジャーナル48

・〈外国刑事法務事情〉英国刑事法務事情(46)―XLVI 2015年12月~2016年2月の主要動向……清野憲一

▽捜査研究784

・平成27年中における来日外国人犯罪情勢等について……佐々木太一

▽捜査研究786

・「第3次犯罪被害者等基本計画」の概要等について……池邉智治
・「第3次犯罪被害者等基本計画」を踏まえた警察庁犯罪被害者支援基本計画の策定について……淡路恵介

▽警察学論集69-5~7

・犯罪による収益の移転防止に関する法律施行令等の一部改正について(4)~(6)……尾嵜亮太

▽家庭の法と裁判6

・〈外国少年司法事情〉(1)序説 少年法制の概観……廣瀬健二
・〈少年矯正の現場から〉(第2回)少年院の新たな取組―新たな処遇の展開と茨城農芸学院の現場トピックを中心に……佐野雅之
・〈更生保護の現場から〉(第2回)沼田町就業支援センターについて……小笠原仁
・〈少年友の会の現場から〉少年たちは今……静岡少年友の会,ほか

▽教育と医学64-8

〈特集 18歳は大人と言えるか〉少年法の観点から18歳をどうとらえるか……武内謙治

▽月刊生徒指導46-9

〈特集 思春期の生徒理解と生徒指導〉思春期の問題行動……石橋昭良

▽東京社会福祉史研究10

・明治期の東京感化院における給費生について―貧困層の受け入れをめぐって……庄司拓也
・〈資料紹介〉『新小説』にみる明治後半期東京の社会施設探訪記(上)……長沼友兄
・東京の福祉史探訪―第5回:石川島・お台場……松本園子

▽司法法制部季報142

・拷問制度と旧刑法典の編纂―偽証と誣告の狭間に……髙田久実

▽法学研究(北海学園大学)52-1

・責任(7・完)……吉田敏雄

獨協法学96

フィンランドにおける女子受刑者処遇の現在(いま)―子どものいる女子受刑者の処遇(「家族ユニット」)を中心にしつつ……齋藤実

獨協法学97

〈書評〉大野真義『罪刑法定主義(新訂第2版)』世界思想社(2014)……神馬幸一

獨協法学98

ノルウェーにおける犯罪被害者庁の現在(いま)―暴力犯罪被害補償庁及び犯罪被害者支援地方事務所を中心として……齋藤実

獨協法学98,99

ドイツの犯罪学における近時の研究指導体制と教育状況(一)(二・完)……神馬幸一

▽青山ローフォーラム5-1

・ドイツ語圏と中国の刑事施設における内観法利用の歴史的経緯と現状について……土ヶ内一貴

一橋法学15-1

韓国の死刑執行停止に関する研究(2・完)……藤原凜
ドイツにおける少年参審制度の創設(2・完)……大塚英理子

▽成蹊法学84

・明治期における仮出獄と特別監視……三田奈穂

▽法律論叢89-1

・サイバー犯罪の研究(九・完)―補遺・最近の法改正と裁判事例……夏井高人

▽法研論集(早稲田大学大学院)158

・犯罪成立と制裁適合性評価(4・完)―刑の免除を手がかりとして……曽文科
・「精神の障害」と刑事責任能力(1)……竹川俊也

▽南山法学39-3・4

・少年法20条による検察官送致……丸山雅夫
・受刑者人権に関するアメリカ憲法修正8条の議論の展開と更生プログラムに対する憲法上の権利……澤登文治
・〈資料〉第13回南山大学法学部・法科大学院―韓南大学校法科大学学術交流会……澤登文治,(第1報告)少年犯罪と鑑定―成人刑事事件と比較して……丸山雅夫,(第2報告)韓国少年司法の問題点および改善策……申致宰

立命館法学365

死刑と生命権(再論)―死刑憲法13条違憲論は死刑廃止に役立つか……生田勝義

<TOP>

2016年7月

▽罪と罰53-3

・〈巻頭言〉矯正施設における就労支援の昨日・今日・明日……小川新二
・いじめ防止対策推進法に基づくいじめ対応の課題と改善方策……八並光俊
・少年事件における問題行動への介入……田中義一
・児童福祉と少年非行―子どものシェルターの枠組での少年の問題行動への介入……一場順子
・少年司法機関と学校教育機関の連携強化に向けて―長崎から新たな多機関連携のあり方を考える……柴田守
・〈刑事政策時評〉少年非行問題解決のための早期介入……岩井宜子
・〈海外の刑事政策のいま〉RNR原則を支える個々のケースの査定の信頼性について……松嶋祐子
・刑の一部の執行猶予における保護観察について……片岡弘
・〈刑事政策とボランティア〉子ども達の居場所に―寺子屋活動を通して……坂口明日香
・〈刑事政策研究室〉犯罪・非行からの「立ち直り」を再考する―「立ち直り」の社会モデルをめざして……平井秀幸
・〈刑事実務の現場から〉主体として輝く社会に―滋賀県の更生保護……大塲玲子
・〈入門講座〉施設内処遇……藤本哲也

▽法律のひろば69-7

・第66回“社会を明るくする運動”に寄せて―刑務所出所者等に対する「息の長いケア」を実現するために……滝田裕士

▽更生保護学研究8

・英国(England & Wales)における更生保護改革について……明石史子
・NPO法人再非行防止サポートセンター愛知の活動紹介―再非行を減らし,笑顔を増やしたい……高坂朝人/湯原悦子
・〈書評〉『よくわかる更生保護』藤本哲也・生島浩・辰野文理 編著(ミネルヴァ書房,2016年2月)……長谷川洋昭
(第4回日本更生保護学会大会報告) ・第4回日本更生保護学会大会報告……太田達也
・〈学会企画シンポジウム〉更生保護と地域生活支援……(コーディネーター)太田達也,(シンポジスト)山口修一郎/押切久遠/小畑輝海/生島浩
・〈大会企画セッション〉(1)保護司活動の支援―更生保護サポートセンターの現状,課題,新たな展開……笠原和男ほか,(2)ともだち活動の現状と課題について―BBS運動を最も特徴付ける活動を考える……長谷川正光ほか,(3)少年・若年者に対する少年法制の比較法的検討―更生保護の視点から……今福章二ほか,(4)薬物事犯者の処遇―帰住先の確保とそこにおける指導・支援を中心に……押切久遠ほか,(5)医療観察:精神障害者等社会復帰促進モデル活動推進事業の報告……武野興司ほか

▽更生保護67-6

〈特集 刑の一部の執行猶予制度〉刑の一部の執行猶予制度の概要……法務省保護局観察課,刑の一部の執行猶予制度への期待……川出敏裕,薬物事犯者の処遇―「つながる ひろげる つづける」を目指して……大塲玲子,刑の一部の執行猶予制度の導入と生活環境の調整の充実強化等について……宇井総一郎,(現場からのレポート)父性と母性の複数担当……T・S,保護司と、出会いと―生活指導と学習指導の複数担当……U・M,みんなで育てるホッキョクグマ―道北リカバリーセミナーPolar Bearsの歩み……横地環,多機関連携のモデル庁として……刀禰和政,(北から南から~更生施設紹介)日新協会の日々の活動……並木洋行
・〈世界の保護観察事情〉(5)中華人民共和国の社会内処遇制度……箕浦聡

▽被害者学研究26

・〈巻頭言〉性刑法の改革と被害者の視点……安部哲夫
・被害者とはだれか―「女性に対する暴力」と被害者学……戒能民江
・過失事故加害者の被害者化…藤原琢也
・性暴力被害者支援の現状と課題―ワンストップ支援センターと精神科医療の連携に関する報告から……淺野敬子/平川和子/小西聖子
・更生保護における犯罪被害者等施策・心情等伝達制度の現状と課題―全国の被害者担当官・被害者担当保護司を対象にした調査をもとに……伊藤冨士江
・〈シリーズ:被害者学各論〉(第18回)新時代の刑事司法制度と犯罪被害者……川出敏裕,(第19回)共同研究「精神障害に起因する犯罪による被害者等の権利利益の回復」……緒方あゆみ/奥村正雄/川本哲郎
〈シンポジウム:ストーカー被害の防止と被害者の保護〉シンポジウムの趣旨……宮園久栄,当NPOにおけるストーカー被害者と加害者の実像、解決のための支援体制について思うこと……小早川明子,ストーカー加害者の病理及びその対策……福井裕輝,警察におけるストーカー対策……野地章,被害者の保護と法的支援……長谷川京子

▽特殊教育学研究53-5

(日本特殊教育学会第53回大会報告)
・〈学会企画シンポジウム〉罪を犯した障害者の社会復帰を考える―少年院出院者の社会復帰支援……金子陽子ほか
・〈自主シンポジウム〉北欧における非行・薬物依存・犯罪を抱える青少年の発達支援の動向と日本の課題……高橋智ほか

▽ケース研究326

・少年院法・少年鑑別所法の施行と少年矯正の現状……岩浪健

▽青少年問題663

・青少年の性行動全国調査の四〇年―二一世紀の性行動へ……片瀬一男
〈特集 なぜ、犯罪・非行は激減したのか〉なぜ、日本では略奪も暴動も起きないのか―世間学の立場から……佐藤直樹,少年刑法犯はなぜ激減したのか?―社会緊張理論と文化学習理論の視座から……土井隆義,少年非行激減の刑事政策以外の要因を探る……河合幹雄,なぜ統計を身近な防犯に生かそうとしないのか……小宮信夫,日本の少年犯罪の最近の減少を犯罪学の観点から説明する……上田光明
・〈現場から見た青少年犯罪〉(40)すべての非行少年は、自分と未来を変えられる……高坂朝人
・第66回“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~……吉田千枝子

▽月刊福祉99-8

・〈論点・社会福祉〉非行少年は凶悪化しているのか―現代の非行を考える……廣井亮一

▽月刊福祉99-9

・〈論点・社会福祉〉出所者支援の担い手としての社会的企業……水野有香

▽精神科治療学31-6

・非行を発見した医療者が行う地域連携と守秘義務に関する法的研究……石川博康/小野貴子
・〈カレント・トピックス〉刑の一部執行猶予制度の導入……赤木寛隆

▽臨床心理学93

〈特集 臨床的判断力〉心理臨床における判断……村瀬嘉代子,司法と判断―法の下の判断……廣瀬健二,私の発展・移行プロセス―非行・犯罪矯正,加害,実存の問いへ……川島ゆか
・〈書評〉ポピー・プリント(編),藤岡淳子・野坂祐子(監訳)『性加害行動のある少年少女のためのグッドライフ・モデル』(誠信書房,2015年11月)……門本泉

▽臨床心理学94

・〈資料〉家庭内における暴力の包括的な理解と支援の試み……佐々木大樹
・当事者研究への招待(第7回)依存と自立―アディクションの当事者研究……熊谷晋一郎

▽こころの科学188

〈特別企画 犯罪の心理〉(藤岡淳子編)(犯罪者とは)犯罪者はどんな人たちか?……藤岡淳子,捜査と心理学……渡邉和美,刑務所からみた犯罪と犯罪者……毛利真弓,(さまざまな犯罪)殺人という犯罪―とくに拡大自殺の精神病理をめぐって……奥村雄介,性犯罪をする人たち……奥田剛士,アディクションと「犯罪」―当事者から学ぶ……喜多彩,女性と犯罪……佐々木彩子,高齢者犯罪の実態と対策……太田達也,障害のある犯罪行為者の理解と支援……益子千枝,(関係性の中の犯罪)家庭内の暴力における関係性……森田展彰,対人関係における暴力の「被害」と「加害」……野坂祐子,犯罪からの離脱……大倉裕美,再犯しない生き方を支えるもの―刑務所出所者の手記から……藤岡淳子(編)

<TOP>

ホームへ 前のページへ


Copyright (C) 2003-2017 Japanese Correctiional Association Library, All rights reserved.
<お問い合わせ>