矯正図書館刑事政策文献情報>バックナンバー


過去の文献情報

4月,  3月,  2月

最新号分はこちら

2014年4月

▽罪と罰51-2

・〈巻頭言〉カント,フォイエルバッハ,リストと刑事政策の新しい風……酒井邦彦
〈論説:刑の一部執行猶予〉刑の一部執行猶予制度の概要と実施課題……太田達也,刑の一部執行猶予と社会貢献活動:その意義と展望……今井猛嘉,刑の一部執行猶予制度の導入について……東山太郎,刑の一部執行猶予制度等の概要及びその導入に向けた更生保護における取組……西﨑勝則
・〈刑事政策時評〉イギリスの犯罪者処遇の動向……小長井賀與
・〈海外の刑事政策のいま〉第155回刑事司法国際研修の概要―アジ研国際研修レポート(6)……清野憲一
・再犯の防止に向けて―職親プロジェクト誕生までの道のり……福田英夫
・就労支援の基盤を考える―立ち直りを支える地域のチカラ……山田憲児
・〈司法と福祉の架け橋〉子どもシェルターの活動―少年司法と児童福祉の協働をめざして……坪井節子
・〈刑事政策研究室〉台湾における犯罪被害者補償制度の改革……呉柏蒼
・〈刑事政策の現場から〉地域との共生……末信眞司
・〈入門講座〉犯罪統計の読み方……浜井浩一

▽法律のひろば67-4

・〈ひろば時論〉矯正医療を取り巻く状況……(矯)

▽教誨48

・〈基調講演〉矯正の現状―刑事施設における再犯防止の新たな取組……大橋哲
・〈記念講演〉北をめざした教誨師たち―明治北海道での事蹟をたどって……成田智志
・〈教誨実務〉指導案の作成と実践……合群信哉/今田忠彰/伊佐榮豊(司会)
・〈シンポジウム〉いま、教誨に願われていること……石塚伸一/古川髙志/宮川憲一/芝田正順/遠藤了儀(司会)

▽更生保護65-3

〈特集 若者文化〉「ワンチャン」という価値観―現代若者に見られる刹那的な希望としての……濱野智史,ネット時代の人間関係とコミュニケーション……土井隆義,若者を社会につなぐサポステを活用ください……太田和雄,若者と違法(脱法)ドラッグについて……東京都福祉保健局健康安全部薬務課薬物監視担当,若者の保護観察対象者を担当するときの心構えについて―法務教官の視点を踏まえて……金子伸一,紫翠苑からの巣立ち―女子の更生保護施設を訪ねて……編集部,(現場からのレポート)保護司から見た若者文化……野川順子,母親を「あいつ」と呼んだ彼……K・S,BBS会員から見た非行少年について―ともだち活動を通して感じたこと……横澤和哉
・〈恩赦への道〉家族のために……野田晴子
・〈社会貢献活動紹介〉佐賀保護観察所における社会貢献活動……伊万里地区保護司会社会貢献活動班/佐賀保護観察所

▽法曹時報66-3

・平成24年における刑事事件の概況(下)……最高裁判所事務総局刑事局

▽法律時報86-4

〈小特集 少年法改正を問う〉少年法一部改正をめぐる問題―改正の歴史と経緯から……守屋克彦,少年審判と検察官関与拡大問題……多田元,少年の刑事事件に関する処分の規定の見直し……津田玄児,少年法改正法案の動向―これまでの審議経過等を踏まえて……佐藤香代
・〈憲法学のゆくえ〉(1-1) 連載の開始に当たって……宍戸常寿/曽我部真裕/山本龍彦,イントロダクション……山本龍彦,(基調報告)憲法と刑事法の交錯……加盟源太郎

▽家裁調査官研究紀要18

・中学校在学中に身柄付き係属した少年の縦断的研究―家庭環境と保護要因を中心として……高山勉ほか

▽科学警察研究所報告62-1・2

・〈資料〉万引きに関する心理的要因の検討―万引き被疑者を対象とした意識調査から……大久保智生ほか

▽科学警察研究所報告63-1

・〈資料〉非行少年の親子間葛藤の特徴について―親と子の性差に着目して……久原恵理子ほか

▽犯罪心理学研究51-特別号

・〈日本犯罪心理学会第51回大会全体シンポジウム〉非行からの立ち直り……(企画)近藤淳哉/堀尾良弘,(司会)大渕憲一,(話題提供)広田照幸/羽間京子/白井利明,(指定討論)村松励
・〈ミニシンポジウム1〉施設内処遇から社会内処遇への橋渡し……(企画)茂木洋/里見聡,(企画・司会)石丸素史,(話題提供者)林田卓也/今井真美/生西真由美/藤本昌夫,(指定討論者)樋口啓司
・〈ミニシンポジウム2〉未来は開かれている―若手心理専門職等の育成……(企画・司会)浦田洋,(話題提供者)渕上康幸/外川江美/浦田洋/坂野剛崇 ・〈ミニシンポジウム3〉東日本大震災と犯罪―揺れ,津波,そして原発事故が犯罪にどのような影響を与えたか……(企画・司会)岡本英生,(話題提供者)森丈弓/小松美紀/細江達郎/花田百造
・〈ミニシンポジウム4〉万引き防止対策研究の最前線―どのように全国ワースト1位から抜け出したのか……(企画)大久保智生,(司会)永房典之,(話題提供者)岡田涼/伊東ゆう/大久保智生,(指定討論者)平伸二 ・〈ミニシンポジウム5〉非行・犯罪臨床における半構造化面接の活用可能性について……(企画・司会)竹田収,(話題提供者)田中晶子/工藤晋平/門本泉

▽臨床心理学80

〈特集 シリーズ・発達障害の理解(2)社会的支援と発達障害〉児童自立支援施設の発達障害の子どもたち―望月直人,触法障害者が地域で生活できるための取り組み……岡本英生
・〈臨床ゼミ:(松本俊彦編)アディクション―ゆるやかな共助のためのエチュード〉(第6回)「力」のアディクション―封印された「恐れ」と「暴力」……藤岡淳子

▽大東文化大学紀要〈社会科学〉52

・アメリカ合衆国における「学校から刑務所へのパイプライン」とゼロ・トレランスの代替的施策……船木正文

金沢法学56-2

遅れてきた正義を追い求めて―台湾における修復的司法の現状と課題……呉豪人

比較法学47-3

刑罰を用いない統制―「強制」の再定位……ベンジャミン・J・グールド/小西暁和(訳)

▽大阪市立大学法学雑誌60-1

・処罰権力の過剰性と刑事司法構造―Michel Foucault, Surveiller et Punir, Naissance de la prison I SUPPLICE(ミシェル・フーコー「監視と処罰,監獄の誕生」第I部 身体刑)を読む(一)……恒光徹

▽大阪市立大学法学雑誌60-1,2

・高齢受刑者の医療を受ける権利の保障とそのための早期釈放制度の積極的運用(一),(二)……安田恵美
・〈資料〉「諸吟味書」(七番帳),(八番帳)―明治二年大阪府の刑事判決録……安竹貴彦/「諸吟味書」研究会
・〈資料〉「刑事御仕置伺書綴」(参),(肆)―明治二~五年大阪府の重罪刑事判決録……安竹貴彦/西川哲矢

▽大阪市立大学法学雑誌60-2

・大阪医療刑務所視察委員会の二〇一一年度の活動状況について―年次報告書兼意見書および法務大臣宛ての要望書……三島聡

▽関西大学法学論集63-6

死刑執行始末書56件の紹介―1947年7月~1949年12月……永田憲史

▽修道法学36-2

ネバダ州少年司法制度にみるアメリカ少年司法制度の動向……山﨑俊恵

▽愛媛法学会雑誌40-1・2

・〈資料〉施設参観記録(5)岩国刑務所……松原英世

<TOP>

<
2014年3月

▽法律のひろば67-2

・〈ひろば時論〉「脱法ドラッグ」の「違法ドラッグ」化……(刑),刑事政策の潮流と研究の役割……(究)

▽法律のひろば67-3

・〈ひろば時論〉東京地検における犯罪被害者等の保護・支援……(地)

▽研修788

・〈紹介と解説〉平成25年版犯罪白書のあらまし―グローバル化と刑事政策……町田鉄男

▽更生保護65-2

・〈更生保護ボランティア団体トップ会談〉相互理解と連携を深め、よりよい協力関係を築くために……野沢太三/狩野安/戸田信久/(進行)齊藤雄彦
〈特集 保護司の安定的確保〉保護司の安定的確保について……法務省保護局更生保護振興課,保護司の安定的確保について……藤本昭雄,青森地区更生保護サポートセンターとニューメンバー研修会について……天内修,地域のNPO団体との連携と、保護司候補者の確保について……仙浪博一,ボランティア団体における新会員の育成について……加留部貴之,ボランティア・市民活動で、ネットワークを更に広げよう……西口徹,(現場からのレポート)人を信じる心の大切さ……澤口廣,今も私が保護司でいられるのは……福原和子,保護司候補者の確保における地域力の活用……森田茂,保護司候補者確保に向けた取組……林正秀
・生活環境調整における外部通信(手紙)について……三浦恵子
・〈就労支援と協力雇用主〉雇ってみて分かること……山下邦博

▽法曹時報66-2

・「犯罪被害者等の権利利益の保護を図るための刑事手続に付随する措置に関する法律及び総合法律支援法の一部を改正する法律」及び「犯罪被害者等の権利利益の保護を図るための刑事手続に付随する措置に関する法律第5条第1項の指針及び基準額を定める政令に一部を改正する政令」の解説……中村功一ほか
・「犯罪被害者等の権利利益の保護を図るための刑事手続に付随する措置に関する規則の一部を改正する規則」の解説……香川徹也/内田曉
・平成24年における刑事事件の概況(上)……最高裁判所事務総局刑事局

▽警察学論集67-2

・ストーカー行為等の規制等に関する法律の一部改正及び配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律の一部改正について……髙井良浩

▽捜査研究755

・ストーカー規制法及び配偶者暴力防止法の一部改正と恋愛感情等のもつれに起因する暴力的事案に対する取組について……坂本俊介

▽論究ジュリスト8

・〈刑事政策研究会〉(第9回)少年非行(基調報告)少年非行をめぐる現状と課題……坂野剛崇,(座談会)……佐伯仁志(司会)/太田達也/川出敏裕/金光旭/坂野剛崇/河合幹雄
・〈特別座談会〉刑の一部執行猶予をめぐって……瀬川晃(司会)/青木和子/今井猛嘉/岩尾信行/齊藤雄彦/髙橋泰明

▽法学セミナー710

・〈ロー・クラス:少年法の基礎〉(最終講)少年に対する刑事処分(2) 推知報道の禁止……武内謙治

▽法曹760

・米国ミズーリ州の少年事件における運用―GPS機能付きアンクレットの活用等……原雅基

▽ケース研究318

・非行少年の再犯防止のために―社会のネットワークにかける期待……安倍嘉人

▽自由と正義65-1

・少年審判の在り方について……小林裕敬

▽自由と正義65-2

・〈新法令紹介〉(378)犯罪被害者等の権利利益の保護を図るための刑事手続に付随する措置に関する法律及び総合法律支援法の一部を改正する法律(平成25年法律第33号)……皆川治之

▽犯罪学雑誌80-1

・〈巻頭言〉我が国犯罪学の国際的意義と貢献:歴史的使命の自覚―「犯罪学雑誌」80巻刊行にあたって……影山任佐
・被虐待体験によるトラウマが反社会性に与える影響について:情緒・行動および脳機能評価に基づくメカニズムの検討……西中宏吏ほか
・虐待被害児におけるトラウマ症状―児童相談所で実施されたTSCC-Aを用いた分析……緒方康介
・ソンディ・テストによる犯罪事例研究(4)―強盗殺人・死体遺棄共犯事件……森武夫
・〈我が恩師(1)〉吉益脩夫先生の思い出……中田修

▽犯罪心理学研究51-2

・サイコパシー特性と自伝的記憶……宮田千聖/湯川進太郎
・受刑者の変化への動機づけに関する研究……里見聡/中島賢/奥下いづみ
・一般住宅対象の空き巣・忍込み・居空きの特性とその移行性……財津亘

▽性とこころ5-2

〈第5回学術研究大会特集「アディクションとセクシュアリティ」〉DVにつながる考え方―暴力を振るわれるのは振るわれる方にも原因はあるのか……須賀朋子ほか,「性犯罪及び性依存症者に対する治療効果の検討」第2報―リプラス・プリベンション・モデルに基づく認知行動療法の継続的評価……北條正順ほか

▽非行問題220

・児童自立支援施設について思うこと―心理教育プログラムの導入を通して体験したことから……藤岡淳子
〈特集1 児童自立支援施設とは何か―その基本理念と社会に於ける機能〉新たな時代に失いたくないもの―児童自立支援施設を問う……山岸親史
〈特集2 現場の不安〉児童自立支援施設の現場で抱える不安……木村洋章,児童自立支援施設の現状と課題―分校現場の実際……井上謙一,現場の不安……上村恭子,現場の不安と向き合う……中林一文,交替制施設における現場の不安……酒井龍児
・児童自立支援施設といじめ問題……藤原峰博
・研さん手帳「共育のあゆみ」の意義と活用について―自己変革力こそ子どもを育てる力……相澤仁
・子どもを叱るとはどういうことか―体罰ゼロ時代の幕開けに際して……德永健介
・児童自立支援施設におけるソーシャルワークの可能性―家族全体支援と環境調整の重要性を考察する……矢野茂生
・〈海外視察報告〉ドイツ・イギリスの児童福祉から見える児童自立支援施設の機能と展望……神麻裕子
・〈全国児童自立支援施設職員研修会報告〉児童自立支援施設の原点に回帰して未来を創造する……松坂竜之介

▽NCCD JAPAN47

・死刑に関する文献(46)……辻本衣佐

▽世界853,854

・日本の絞首刑―二つの新証拠は秘密主義の壁を打破できるか(上)(下)……デイビッド・T・ジョンソン/永田憲史

▽世界854

・終身刑導入と死刑制度の行方……菊田幸一

▽法学研究(慶應義塾大学)86-12

・仮釈放の法定期間と正当化根拠……太田達也

▽白鷗大学法科大学院紀要7

・刑法九条と憲法三六条の関係について……清水晴生

▽名古屋大学法政論集252

・〈講演〉若き法律家及び法律家を目指す方々へ―忘れられない被害者たち……藤宗和香

▽阪大法学63-5

・家庭内暴力の実態と被害者に対する支援状況……金ジャンディ

▽関西大学法学論集63-5

A級戦犯の死刑執行手順書……永田憲史

<TOP>

2014年2月

▽法律のひろば67-1

・〈ひろば時論〉再犯防止を視野に入れた検察権の行使……(高)
〈特集 女子・グローバル化と近年の犯罪―平成25年版犯罪白書を読んで〉平成25年版犯罪白書を読んで―ルーティン部分に関して……只木誠,外国人犯罪者の再犯と出入国管理……太田達也,女子の犯罪・非行―特集部分に関して……津島昌寛,女子犯罪、そして、グローバル化の進展における刑事政策上の課題と展望―平成25年版犯罪白書の特集から……石原香代,久里浜少年院における外国人少年の処遇……馬場尚文,外国人保護観察対象者の処遇……古山正成,捜査・訴追における国際協力……瀬戸毅,不法滞在外国人……久米輝幸

▽研修786

・〈紹介と解説〉平成25年版犯罪白書のあらまし―近年の犯罪情勢と犯罪者の処遇……冨田寛

▽更生保護64-12

〈特集 更生保護ネットワーク〉更生保護関係団体とのネットワーク形成……丸山晴夫,関係機関との連携について……髙橋勝利,済生会と更生保護……森田正治,平成24年度更生保護女性会員・BBS会員特別研修会について―結果とその成果……法務省保護局更生保護振興課/幸道君子/臼井隆,保護司活動と就労支援……山田憲児,(現場からのレポート)須賀川地区BBS会の立上げ(再開)に当たって……河村真,保護司会と地域社会に支えられて……李秀夫,更生保護法人との連携―「斉修会ガーデニングクラブ」の発足……坂本悠紀子
・日本更生保護女性連盟結成50周年記念事業……日本更生保護女性連盟
・〈恩赦への道〉地道な努力と家族の支え……中川美保里
・〈BBS通信〉鐘の鳴る丘「有明高原寮」での活動……有賀大輝

▽更生保護65-1

・更生保護に求められているもの―更生保護法施行から5年……鈴木一光
・「更生と雇用」の在り方を考える―北海道沼田町でのインターンシップを通して……藤川久昭
・福祉とのネットワークで支える仕組みを……中崎ひとみ
・ナチュラルでいられる少年院出院者のサークル……高坂朝人
・地域社会との心の交流―文通プログラムについて……山﨑順子
・世界保護観察大会と社会内処遇への期待……今福章二
・『平成25年版犯罪白書』のあらまし……宇戸午朗
・〈社会貢献活動紹介〉岐阜保護観察所における社会貢献活動……井坂朱美

▽刑事法ジャーナル38

・〈刑事立法の動き〉「刑法等の一部を改正する法律」及び「薬物使用等の罪を犯した者に対する刑の一部の執行猶予に関する法律」について……三谷真貴子,資料:刑法等の一部を改正津する法律(平成25年法律第49号),資料:薬物使用等の罪を犯した者に対する刑の一部の執行猶予に関する法律(平成25年法律第50号)
・〈外国刑事法務事情〉英国刑事法務事情(36)―XXXVI 2013年6月~8月の主要動向……清野憲一

▽法学セミナー708,709

・〈ロー・クラス:少年法の基礎〉(第22講)検察官送致と家庭裁判所移送,(第23講)少年に対する刑事手続、刑事処分(1)……武内謙治

▽法曹時報66-1

・家庭裁判所事件の概況(2・完)―少年事件……最高裁判所事務総局家庭局

▽教育と医学62-1

〈特集 自尊感情とレジリエンスを高める〉非行からの立ち直りを支えるレジリエンス……河野荘子

▽青少年問題653

・平成二五年の青少年問題……山本功
・〈現場から見た青少年問題〉(30)傷ついた大人たちの居場所―加害者家族支援の現場から……阿部恭子

▽特殊教育学研究51-3

・〈研究時評〉少年院における教科教育……藤田知美

▽月刊生徒指導44-1

・〈生徒指導マンスリー情報-2014年1月〉「いじめの防止等のための基本的な方針」の内容について……文部科学省初等中等教育局児童生徒課

▽月刊生徒指導44-2

・非行の原因……桐山勉
・〈生徒指導マンスリー情報-2014年2月〉平成24年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について……文部科学省初等中等教育局児童生徒課

▽臨床心理学79

〈特集 シリーズ・発達障害の理解(1)―発達障害の理解と支援〉神経発達障害を考える―触法行為の背景として……門本泉
・〈臨床現場から動きを創る〉(第6回)医療観察制度にかかわって……壁屋康洋

▽こころの科学173

・〈贖罪とは何か〉(第17回)罪を背負って社会で生きていくこと(最終回)……青島多津子

一橋法学12-3

2000年代以降の日本と英国における更生保護制度の問題点と今後の展望(2・完)―更生保護における「ナラティブアプローチ」の可能性と限界……高橋有紀

▽法学研究(慶應義塾大学)86-11

・〈紹介と批評〉M.トンリィ及びT.ラピ-セペレ編『犯罪と司法第四〇巻―北欧における犯罪と司法』シカゴ大学出版、二〇一一年……坂田仁

▽法学政治学論究(慶應義塾大学)99

・起訴猶予と犯罪被害者―台湾における緩起訴制度を中心に……呉柏蒼
・刑事施設のPFI化における経済的効率性に関する一考察……宣善花

▽中央ロー・ジャーナル10-3

・日本の死刑制度について考える……椎橋隆幸

▽名城ロースクール・レビュー29

・スーパー・デュー・プロセスと死刑廃止論……小早川義則

▽龍谷大学矯正・保護総合センター研究年報3

〈特集1 判決前調査の国際比較―合理的量刑のための制度的方策として〉特集の趣旨……武内謙治,量刑と福祉、司法―判決前調査書は量刑において何をすることができ、何をしているか?……Cyrus Tata/高橋有紀(訳),犯罪者の特性に応じた量刑の促進に向け個別事情を認定するための調査―ドイツにおける判決前調査報告書と機能的に等価な制度に関する議論……Karl-Ludwig Kunz/大塚英理子(訳),オーストラリア・ビクトリア州・障害サービス局によるクライアント・オーバービュー・リポートとジャスティス・プランについて……Kathy Taylor/森久智江(訳),日本の量刑の特色と判決前調査制度を導入することの意義……本庄武,福祉的ニーズのある被告人に対しての刑事裁判における福祉的支援―フォレンジック・ソーシャルワーク実践についての一考察……原田和明
〈特集2 被疑者・被告人となった触法高齢・障がい者への支援と処遇(司法と福祉の連携)〉企画の趣旨に代えて:厚生労働科学研究(障害者対策研究事業)「触法・被疑者となった高齢者・障害者への支援の研究」浜井班研究の概要と政策提言……浜井浩一,「更生保護施設と社会福祉の連携」調査と展望―方法に注目して……古川隆司,刑事手続における触法高齢・障がい者の未決拘禁の短縮・回避……斎藤司,被疑者・被告人となった高齢者・障がい者への弁護活動と弁護士の意識調査……我藤諭/浜井浩一,被疑者・被告人となった触法障がい者・高齢者への支援―「障がい者審査委員会」(新長崎モデル)を中心として……伊豆丸剛史

▽法政研究80-2・3合併号

・虐待されまたは心理的に遺棄された子どもの保護に関する一八八九年七月二四日の法律を修正する諸立法……フランス刑事立法研究会(訳)
・刑法第六六条及び同第六七条ならびに治罪法第三四〇条を修正し、刑事成人年齢を一八歳に定める一九〇六年四月一二-一四日の法律……フランス刑事立法研究会(訳)

<TOP>

ホームへ 前のページへ


Copyright (C) 2003-2014 Japanese Correctiional Association Library, All rights reserved.
<お問い合わせ>