矯正図書館刑事政策文献情報>バックナンバー


過去の文献情報

11月,  10月,  9月

最新号分はこちら

2016年11月

▽更生保護67-10

〈特集 ネット社会の現状と課題〉ネット社会の人間関係―少年事件の背後にあるもの……土井隆義,子供たちをインターネット等の利用に起因するトラブルから守るために……東京都青少年・治安対策本部,青少年の安全・安心なインターネット利用について……鈴木敦,(現場からのレポート)つながり続けたいネット世代のリアル……戸髙成人,SNSを活用した処遇の問題点と可能性……加持啓輔
・〈RELAYサポセン〉大崎更生保護サポートセンター
・〈世界の保護観察事情〉(9)オランダの社会内処遇……小長井賀與
・〈社会貢献活動紹介〉(31)千代田区保護司会の社会貢献活動―使用済み切手整理……山本勝美

▽現代の社会病理31

・少年非行問題における「普通」―新聞記事の分析を通じて……赤羽由起夫
・〈書評〉廣末登著『組長の娘―中川茂代の人生』ハーベスト社 2015……桑畑洋一郎,岡邊健編『犯罪・非行の社会学―常識をとらえなおす視座』有斐閣 2014……本田宏治

▽月刊生徒指導46-12

・〈非行・問題行動と初期支援〉(第2回)子どもの盗み―動機の観点から……石橋昭良

北大法学論集67-3

ドイツ連邦共和国における刑事施設内の母子施設……小名木明宏

▽比較法雑誌50-2

・ニュージーランドにおける民間被害者支援団体(VS)の活動―犯罪被害者に対するワンストップ支援の観点から……千手正治

▽法研論集(早稲田大学大学院)159

・「精神の障害」と刑事責任能力(2)……竹川俊也

▽早稲田大学社会安全政策研究所紀要8

・デンマークにおける非行少年・若年成人犯罪者の社会復帰支援の一断面―就労支援機構「ハイ・ファイブ」の活動を一例として……松澤伸
・近年の刑法犯の減少と犯罪の転移……金山泰介
・「青年」層再考―少年法適用年齢の引下げ問題に関連して……吉開多一
・知的障害者の「責任能力」に関する一考察―最決平成27年3月3日LEX/DB25506282を契機として……田川泰紘
・国連平和維持活動(PKO)要員による性的搾取および虐待の規制……尋木真也
・ソーシャル・インパクト・ボンドの成立過程と日本における再犯防止への適用に関する考察……英国行政改革と刑事政策の民営化を踏まえて……細野ゆり
・女性覚せい剤使用者の服役後の体験に関する質的分析―更生保護施設入所者へのインタビューから……伴恵理子
・「非行少年・犯罪者に対する就労支援システムの展開可能性に関する考察」報告:北洋建設による矯正施設出所者等の就労支援の現状と課題……小澤輝真

▽法政研究(九州大学)83-1・2

・刑事施設職員のための欧州倫理規程―2012年4月12日の欧州評議会閣僚委員会の勧告第5号……九州刑事政策研究会(訳)
・刑事施設における外国人被収容者に関する欧州規則とコンメンタリー……九州刑事政策研究会(訳)
・犯罪少年に関する一九四五年二月二日のオルドナンス第四五-一七四号(三・完)……フランス刑事立法研究会(訳)

九大法学113

問題解決型刑事司法の課題と展望―歴史的・訴訟法的観点からの一考察(1)……石田侑矢

▽北九州市立大学法政論集44-1・2

・米国連邦刑務所の民営化と損害賠償責任……近藤卓也
・〈講演録〉刑法学は何処へ向かうのか―これからのドイツ刑法と日本刑法……山中敬一
・〈講演録〉ストーカー行為と依存……大杉一之/小早川明子/尾田真言/水野陽一

<TOP>

2016年10月

▽罪と罰53-4

・〈巻頭言〉刑事政策と立法……林真琴
〈論説 検察と刑事政策〉検察における再犯防止・社会復帰支援の取組……稲川龍也,刑の一部の執行猶予制度の施行について……曽木徹也,検察における児童虐待事案に対する取組について……和田雅樹
・〈刑事政策時評〉第3次犯罪被害者等基本計画について……椎橋隆幸
・〈海外の刑事政策のいま〉ドイツの刑事立法政策の一動向……黒澤睦
・〈司法と福祉の架け橋〉被害者支援都民センターの活動から……阿久津照美,ドキュメント・東京地検社会復帰支援室―3年間で1,200件!! その驚きの内幕……東京地方検察庁総務部社会復帰支援室
・〈刑事政策研究室〉アメリカにおける被害者の権利に関する近時の動向―連邦法上の訴追以前の被害者の権利について……佐伯昌彦
・〈刑事実務の現場から〉変わりゆく「塀の中」から……齋藤行博
・〈入門講座〉社会内処遇―仮釈放と保護観察……太田達也
・〈刑事政策の窓〉性犯罪者処遇の背後にある二つの理論的アプローチについて―性加害者処遇学会のワークショップから……高橋哲

▽更生保護67-9

〈特集 処遇困難な保護観察対象者と多機関連携〉保護観察における多機関連携……法務省保護局観察課,多機関連携による保護観察対象者への処遇について……高橋智也,地域生活定着支援センターとの連携について……梅木正吾,「ロージーハウス」での居場所づくりや少年との関わりについて……佐竹えり子,さいたま自立就労支援センターの取組…菅田紀克,(現場からのレポート)精神保健福祉士としての支援とネットワークの中で……井上薫子,児童家庭支援センターの支援から見える1つの連携……武田麻里,仮釈放後に保護司が複数担当した保護観察事例から……I・K/N・T,居場所のない少年の単身生活に向けて―地域社会につなぐ多機関連携型処遇……泉佳孝,ケアマネジメント技法を用いた連携について……神原一也,多機関連携を通して学んだこと……水野かおり
・〈RELAYサポセン〉鹿児島保護区更生保護サポートセンター……勝矢政和
・〈世界の保護観察事情〉(8)英国の更生保護改革について……堤美香

▽法曹時報68-10

・刑事手続における被害者の参加……椎橋隆幸
・更生保護の現状―平成26年度,27年度の統計を中心として……法務省保護局

▽法律のひろば69-10

・性犯罪に対処するための刑法の一部改正に関する法制審議会の答申……加藤俊治

▽法律時報88-11

〈特集 性犯罪処罰の基本問題〉企画趣旨……樋口亮介,強制わいせつ罪におけるわいせつ概念について……佐藤陽子,性犯罪における「暴行脅迫」について……嶋矢貴之,児童に対する性犯罪規定を巡る現状と課題……深町晋也,性犯罪被害者の性的経歴に関する証拠……成瀬剛,性犯罪の主要事実確定基準としての刑法解釈……樋口亮介
・〈刑事法学の動き〉上田正基『その行為、本当に処罰しますか―憲法的刑事立法論序説』(弘文堂、2016年、全242頁)……飯島暢

▽警察学論集69-10

・インターネットに起因する福祉犯について……木原茂
・これからの犯罪被害者支援施策(下)―第3次犯罪被害者等基本計画を中心に……安田貴彦

▽科学警察研究所報告64-1

・〈資料〉警察官に対する犯罪情勢分析手法の研修の試み……島田貴仁/齊藤知範/原田章

▽研修820

・〈とびらの言葉〉奈良少年刑務所……秋山実

▽家庭の法と裁判7

・〈巻頭言〉「心の闇」の危うさ……安岡崇志
〈特集 少年審判〉統計から見た少年審判……加藤学,少年審判の運営の実情……植田智彦/黒田香,少年審判における家庭裁判所調査官の社会調査の実情について―少年の更生に向けた教育的措置を中心にして……丹治純子/柳下哲矢
・〈外国少年司法事情〉(2)ヨーロッパ諸国の概観と北欧(1)……廣瀬健二
・〈少年矯正の現場から〉(第3回)少年鑑別所法下における鑑別―MJCAの活用を中心に……西田篤史
・〈更生保護の現場から〉(第3回)保護観察対象少年の就労―協力雇用主,地域社会と支える就労支援……神谷英亮
・〈少年友の会の現場から〉会の経過をふりかえり……三重少年友の会 ほか
・家庭裁判所事件の概況(2・完)―少年事件……最高裁判所事務総局家庭局

▽青少年問題664

・青少年育成のためのメンタリング・プログラム……渡辺かよ子
〈特集 非行防止・立ち直り支援の学生ボランティア〉BBSにおける学生ボランティア活動の沿革と現況……長谷川正光,BBS活動の意義……竹中祐二,東京少年友の会における学生ボランティア活動の沿革と現況……黒川昌郎/栗原一夫,青森家庭少年問題研究会における学ボラ活動支援……平野潔/齋藤史彦,少年警察と大学生ボランティアによる活動概況……下間信太朗,学生の少年警察ボランティアが参加する立ち直り支援活動に関する研究……藤原佑貴/宮寺貴之,「非行防止・立ち直り支援の学生ボランティア」の編集を終えて……小林寿一
・〈現場から見た青少年問題〉(41)子どもの安全対策における放課後時間の境界と空白……宮田美恵子
・〈青少年問題アラカルト〉(その1) 拝啓 内閣総理大臣様……矢島正見
・〈自著を語る〉『関係性の社会病理』高原正興ほか編 学文社……高原正興,『ビギナーズ犯罪学』守山正、小林寿一編著 成文堂……小林寿一

▽犯罪心理学研究54-1

・児童自立支援施設退所者の高校進学後の社会適応過程―複線経路・等至性モデル(TEM)による分析……河合直樹/窪田由紀/河野荘子
・累犯刑務所におけるマインドフルネス方略と目標設定に焦点をあてた集団認知行動療法プログラムが覚せい剤再使用リスクの高い累犯受刑者に及ぼす影響……野村和孝/安部尚子/嶋田洋徳
・〈資料〉モンテカルロ法とマッチング法によるコントロール群構成の比較―虐待された子どものWISC-IVを用いた例証……緒方康介
・〈資料〉地理的プロファイリングにおける拠点推定モデルの精度比較―犯行地点数の影響の検討……菅美知子ほか

▽ケース研究327

・少年たちへの愛はどこに・・・……工藤眞仁
・〈実務ノート〉長野家庭裁判所での補導委託の取組について……守安匡

▽JCCD115

〈シンポジウム:再犯防止の新たな展開とその防止―就労支援との関係で〉刑務所出所者等に対する就労支援の現状と課題……堀内亜希,日本財団 職親プロジェクト……福田英夫,アメリカ合衆国における元受刑者の雇用をめぐる現状と課題……鮎田実,諸外国における刑務所出所者等に対する就労支援施策の展開―シンガポールを例に……三井英紀
・被害者学的視点からする性暴力犯罪についての一考察……秋山千明

▽犯罪学雑誌82-5

・The Education of Criminology in Belgium(ベルギーにおける犯罪学教育)……Stephan Parmentier[本文は英文]
・相模原障害者福祉施設大量殺人事件に思う―地域精神医療の更なる推進と臨床犯罪学,総合犯罪学そして統合犯罪学の展開……影山任佐
・〈わが人生と学問〉(8)障害児の母と刑事政策研究……岩井宜子
・〈レポート〉The International Conference "Addressing Filicide" ……安宅勝弘

<TOP>

2016年9月

▽法律のひろば69-8

・〈ひろば時論〉更生保護施設―薬物事犯者に対する取組を中心に……(保)

▽更生保護67-8

〈特集 遵守事項〉更生保護法における遵守事項の意義について……西岡総一郎,遵守事項違反による不良措置と刑の一部の執行猶予制度……法務省保護局観察課,保護観察処遇の基盤となる遵守事項について……鈴木美香子,仮解除申出を審査する際のポイントについて……成田圭子,教育現場における規範意識かん養の考え方……滝充,遵守事項を説明する際の工夫やポイント……飯塚華朋,(現場からのレポート)諦めることなく、根気よくつながる……艸香雄道,来訪が継続しない少年を担当して……U・E,交通法規の軽視が改善され保護観察の解除に至った事例……池田昌孝,遵守事項違反の状態からぐ犯通告を選択した事例……梅木採途子
・〈世界の保護観察事情〉(7)カナダの社会内処遇制度……谷真如
・〈社会貢献活動紹介〉(30)牛乳パックを再利用した手すき和紙はがき作り……宮田スミ子
・〈図書紹介〉『保護観察とは何か―実務の視点からとらえる』(編集 今福章二・小長井賀與、発行 法律文化社)……押切久遠

▽研修819

・検察における刑事政策的配慮について……吉開多一
・〈実務のしおり:保護の現場から〉暴力団からの離脱と社会復帰支援について……永井文昭

▽ジュリスト1497

・〈最高裁 時の判例―刑事〉刑事施設にいる被告人から交付された上訴取下書を刑事施設職員が受領した場合と刑訴法367条の準用する同法366条1項にいう「刑事施設の長又はその代理者に差し出したとき」……馬渡香津子

▽刑事法ジャーナル49

・依頼者と弁護士の間の通信秘密の確立に向けて―刑事手続、刑事収容施設に関する近時の裁判例の分析……片山達
・〈外国刑事法務事情〉英国刑事法務事情(47)―XLVII 2016年3月~5月の主要動向……清野憲一

▽法律時報88-10

・〈法律時評〉石巻事件の元少年はなぜ死刑になったのか―2016年6月16日最高裁判決に思う……門野博
・〈刑事法学の動き〉生田勝義「死刑と生命権についての一考察」立命館法学360号(2015年)395頁……斉藤豊治

▽法学セミナー740

・〈最新判例演習室―刑事訴訟法〉死刑確定者による信書の発信……石田倫識

▽法学セミナー741

・〈法学者の本棚〉小西聖子著『犯罪被害者の心の傷(増補新版)』白水社2006年,初版1996年……柑本美和

▽警察学論集69-9

・これからの犯罪被害者支援施策(上)―第3次犯罪被害者等基本計画を中心に……安田貴彦

▽法曹790

・〈海外だより〉ノースカロライナ州での研究生活―ティーンコートを中心に……秋田純

▽司法福祉学研究16

・性加害行為のある知的障がい者に対する支援者の意識と今後の支援方法に関する一考察―障がい福祉領域における支援者への意識調査より……山﨑康一郎/我藤諭/水藤昌彦
・民事司法における法律専門職と福祉分野の連携―発達障害事例からの考察……稲村厚
・教護院・養護施設における実践要領の形成過程と共通する援助原理……竹原幸太
・入口支援の現状と課題に関する一考察―東京地方検察庁の社会福祉アドバイザーを経験して……松友了
〈日本司法福祉学会第16回大会―インクルージョンを促進する社会的条件〉早稲田大学社会安全政策研究所企画セッション・基調講演・シンポジウム概要:インクルージョンを促進する社会的条件……石川正興,(第1分科会)入口支援における弁護士(会)と社会福祉士(会)の連携―東京司法・福祉連絡協議会の実践を踏まえて……松友了ほか,(第3分科会)女子刑事施設の現状と課題……矢作由美子ほか,(第5分科会)新少年院法及び少年鑑別所法運用上の主な課題とその対応策について……室井誠一ほか,(第6分科会)児童自立支援施設における自立支援の現状と課題……髙橋幸成ほか,(第7分科会)児童福祉施設から自立する子ども達に必要なこと……小木曽宏ほか,(第8分科会)子どもシェルターの現状と課題―機関・団体連携を視野に……小西暁和ほか,(第9分科会)司法福祉実践を担う対人援助専門職の人材育成のあり方……齋藤知子ほか
・〈書評〉丸山泰弘著『刑事司法における薬物依存治療プログラムの意義―「回復」をめぐる権利と義務』2014年……辰野文理,セカンドチャンス!著『陽はまた昇る―少年院等出身者への応援メッセージ』2015年……杉浦ひとみ

▽月刊生徒指導46-11

・〈非行・問題行動と初期支援〉(第1回)初期支援に必要な見立てと家庭との連携……石橋昭良
・〈生徒指導事件史〉(第7回)「学校荒廃」の系譜(2)校内暴力……嶋﨑政男

▽国立のぞみの園紀要9

・障害のある犯罪行為者の受入れ経験のある事業所における支援に関する研究―情報収集,評価・分析・解釈,共通理解に着目して……相馬大祐ほか

▽臨床心理学95

〈特集 治療的コミュニケーション〉言葉に時間を読む―治療的コミュニケーション特集にあたって……森岡正芳,(複数の)声を取り戻す―回復してゆく虐待加害者から学ぶ……村上靖彦,記憶はどのように伝えられるか―子どもへの司法面接と多機関連携による協同面接……仲真紀子,虐待をめぐる親との対話……久保樹里,処遇の場で対話を拓く―加害者臨床/ピアグループ……立原弘樹

▽性とこころ7-1

〈特集 援助職とセクシュアリティ〉性加害行為のある知的障がい者への支援に関する調査から―その結果と援助職による一考察……益子千枝,刑事施設の「先生」という役割……田村勝弘,受刑者ではなく、人としての営みを尊重した社会復帰への取り組み(長期刑受刑施設である千葉刑務所での就労支援を例にして)……河角恵子

▽性とこころ7-2

・〈現代のトピックス〉ストーカー加害者治療―刑事司法と精神療法の連携……福井裕輝
・満期出所者に対する支援……田村勝弘
・ストーカーおよびDV犯罪予防のための取り組み……五十嵐愛子/篠原百合子/田中光子

▽日本精神科病院協会雑誌35-9

・〈巻頭言〉相模原障害者施設殺傷事件に思う……山崎學

一橋法学15-2

中国の死刑制度とその歴史的政治性……王雲海
接見にさいしての弁護人の写真撮影をめぐる法的問題(1)……葛野尋之
犯罪事実の解明による刑の減軽制度について……本庄武
中国における犯罪被害者の権利保護について……肖萍

▽中央ロー・ジャーナル13-1

・〈判例研究〉接見交通における写真撮影……横井弘明

朝日法学論集47

〈資料〉施設参観記録「岐阜刑務所」……大野正博

▽神戸法学雑誌66-1

・〈研究ノート〉犯罪論のあり方について―鈴木茂嗣『二元的犯罪論序説』を受けて……小田直樹

<TOP>

ホームへ 前のページへ


Copyright (C) 2003-2017 Japanese Correctiional Association Library, All rights reserved.
<お問い合わせ>