矯正図書館刑事政策文献情報>バックナンバー


過去の文献情報

4月,  3月,  2月

最新号分はこちら

2015年4月
『刑政』6月号掲載

▽法曹時報67-3

・平成25年における刑事事件の概況(下)……最高裁判所事務総局刑事局

▽法律のひろば68-4

・〈ひろば時論〉東京地検犯罪被害者支援室発足1年を迎えて……(地)

▽犯罪と非行179

〈シンポジウム「地域における子どもの安全」〉現代社会における子どもの保護……守山正,地域で子どもの安全をどう確保するか……宮田美恵子,インターネットから子どもを守る……舟生岳夫,子どもを非行に走らせない―地域参加活動の重要性……小林寿一
〈特集 犯罪と非行創刊45周年「21世紀の刑事法と実務の動き」〉2000年以降における刑事法の動向―現状と課題……高橋則夫,警察における法令と実務の動き……田村正博,制度改革と検察の実務……北村篤,裁判員裁判の実施状況について……髙森宣裕,成人矯正における法令と実務の動き……大串建,少年矯正における法令と実務の動き……小山定明,社会内処遇の時代に向けた基礎構造改革―2000年以降の更生保護法令と実務……今福章二
・〈海外の犯罪学動向〉ドイツの行刑における社会治療処遇の動向……安部哲夫
・水府学院における矯正教育プログラム(薬物非行)の取組について……福本聡
・「『就農』で新しい生き方」を―茨城就業支援センターの取組……水谷修
・第13回性犯罪者処遇国際学会に参加して……勝田聡/羽間京子/田中健太郎
・地方更生保護委員会の委員を経験して考えたことなど……山田恭子
・非行少年と保護者に関する研究―少年院出院者とその保護者を対象とした継続的意識調査から……塩島かおり
・〈書評〉シャッド・マルナ著/津富宏・河野荘子監訳『犯罪からの離脱と「人生のやり直し」―元犯罪者のナラティヴから学ぶ』明石書店……蛯原正敏

▽更生保護66-3

・子どもシェルターの活動……坪居節子
〈特集 就労の確保と継続〉刑務所出所者等の就労支援について―協力雇用主のもとでの就労を拡大するために……法務省保護局社会復帰支援室,若者就労支援「静岡方式」を進化させる……津富宏/米山世紀,奈良県における矯正施設出所者等の社会復帰支援……橋本一雄,この男は我が社の宝だ……安田光一,松山学園での就労実習を終えて……銀岡良幸,協力雇用主開拓への取組……飯田好明,(現場からのレポート)ソーシャルファーム松本自立支援センター―農林業への入口をつくろう!……伊藤かおる,浪速少年院での就労支援について―「魅力発見講座」の実施……吉岡正宏,姫路における就労支援に向けた取組……高島軍治,仙台保護観察所における就労支援について……斉藤由貴
・〈RELAYサポセン〉刈谷保護区更生保護サポートセンター
・〈社会貢献活動紹介〉(22)「香焼チューリップまつり」の準備作業……今井清和

▽青少年問題658

・暴力団と青少年問題……星野周弘
〈特集 暴力団〉暴力団対策の現状と課題……齊藤敬之,暴力団に対する市民の意識……渡辺昭一,若者はなぜヤクザになったのか―暴力団加入要因の研究……広末登,市民・企業社会と暴力団の関係―その変遷の経緯……村上泰
・少年院法・少年鑑別所法の成立……岩井宜子
・〈現場から見た青少年問題〉(35)最近の少年の現状と抱えている課題―警察の少年相談窓口に寄せられる相談内容から……岡部享市
・〈自著を語る〉放送大学叢書025『少年非行 社会はどう処遇しているか』鮎川潤著……鮎川潤

▽性とこころ6-2

〈第6回学術研究大会特集「暴走する性・彷徨う愛」〉(大会長講演)「性とこころ」6年目の光と陰―わかったこと・わからないこと……深間内文彦,(現代のトピックス)性犯罪加害者家族支援……斉藤章佳,(教育講演)家族における性の問題―愛か暴力か……信田さよ子,(基調講演)性的トラウマと「故意に自分の健康を害する」症候群―男性の性被害に注目して……松本俊彦,(シンポジウム)「性依存症」治療の現在と未来……原田隆之,性暴力行動の治療教育……藤岡淳子,性依存症の治療……榎本稔,(一般演題)Static-99日本語版を用いた性犯罪者・性依存症者のリスクアセスメント……北條正頼ほか,性依存症者に関わる女性医療スタッフのサポートについて……菊田あやのほか,ストーカーおよびDV加害者と被害者の関係……五十嵐愛子ほか,非行少年のバウムテストに関する一考察―PDIの検討から……神垣一規/吉川恭世,DV・デートDVの文献研究……須賀朋子,トランスジェンダーにおける薬物依存症とセクシュアリティ関連行動……早川麻耶/松下年子,刑事施設における性犯罪者に対する一般改善指導 条件反射制御法の実施……田村勝弘,対人関係依存を併発する薬物使用障害者への看護―アディクション看護学に基づく考察……渡邉響/

▽臨床心理学86

・〈非行・犯罪の心理臨床〉(第6回)非行犯罪臨床と「契約」……門本泉
・〈臨床ゼミ:アディクション(松本俊彦編)〉(第22回)痛みを生き延びるためのアディクション―当事者の視点から……倉田めば

▽研修801

・〈とびらの言葉〉少年北海丸のいる海……和田雅樹

▽月刊生徒指導45-4

・〈連載 教誨の現場から〉(1)お坊さん、少年院へ……太田賢孝

▽図書館雑誌109-3

・〈北から南から〉矯正施設への読書活動の支援の必要性について―貴船原少女苑で行ったブックトークからわかること……正井さゆり

▽法政論集(名古屋大学)261

・「民営化」に対する憲法的統制の可能性(2・完)―アメリカにおける民営刑事施設に関する裁判例を中心に……小牧亮也

▽阪大法学64-6

・家庭内暴力加害者への対策―治療プログラムを中心に……金ジャンディ

▽愛媛法学会雑誌41-3・4

・刑法・刑罰の捉え方と刑事政策の関係について―予備調査の結果から……松原英世/岡本英生

▽香川法学34-3・4

・〈資料〉改正刑法仮案立案資料(一)……改正刑法仮案研究会編

▽島大法学58-3

・犯罪少年の逆送事件と裁判員裁判……三宅孝之/中田憲悟

▽青山法学論集56-4

・ハームリダクションと「ダメ。セッタイ。」アプローチ……酒井安行
・石井光教授と修復的司法……新倉修

日本法学80-2 (日本大学法学部創設百二十五周年記念号)

朝鮮総督府の笞刑について―刑罰史の一幕……新井勉
高齢者による万引きの防止に向けた一考察……尾田清貴

▽法学新報121-11・12

・少年に対する不定期刑に関する考察……西尾憲子

▽法律論叢87-6

・〈資料〉川島武宜 第六章 罪と罰についての意識……(転写校訂)村山眞維

▽法研論集(早稲田大学大学院)152

・少年司法における検察官の役割の変遷……李程

▽法研論集(早稲田大学大学院)153

・触法少年に対する重層的な健全育成化システムの考察―学校教育行政システムにおける基本的な対応方法を中心として……

▽比較法学(早稲田大学)48-3

・〈講演〉北欧(ノルディック)諸国における刑罰と量刑……トーマス・エルホルム/松澤伸・木崎峻輔・岡田侑大(訳)

<TOP>

2015年3月
『刑政』5月号掲載

▽法律のひろば68-3

・〈ひろば時論〉控訴審での犯罪被害者等の保護・支援……(高),再犯防止対策と調査研究の役割……(究)

▽法曹時報67-2

・平成25年における刑事事件の概況(上)……最高裁判所事務総局刑事局

▽教誨49

・〈基調講演〉少年矯正の現状~少年院法改正を踏まえて……柿崎伸二
・〈記念講演〉最高の出会いが人を変える……伊藤幸弘

▽更生保護66-2

〈特集 新任保護司に対する支援〉新任保護司への支援について……井坂巧,豊島区保護司会における新任保護司への支援策について……仙浪博一,ボランティア団体における中堅・ベテランの役割……桜井政成,(現場からのレポート)新任保護司との連携について……本間馨,更生保護サポートセンターを活用した新任保護司に対する支援……大野卓男,新任保護司への支援について―自己の思いに寄せて……金子重晴,保護司1年生として―実際に保護司となって……H・M,若い力が生み出した出前授業「大切なものって何だろう」……澤井早和乃,新任保護司研修の実施について……川﨑修一,新任保護司に対する支援―複数担当による処遇の実際と効果……保護観察官
・〈わたくしの記録から〉外国人に対する処遇の工夫……髙田豊久
・〈恩赦への道〉恩赦上申事務を担当して……保利和博
・〈社会貢献活動紹介〉福井保護観察所における社会貢献活動……福井保護観察所処遇部門
・〈就労支援と協力雇用主〉雇用して思うこと……石橋たつ子

▽龍谷大学矯正・保護総合センター研究年報4

〈特集 地球的視野の下での日本における死刑の公正と適正手続〉(本文英文,和文抄録あり)The 6th Annual Conference of the Asian Criminological Society, Fairness and Due Process in Japan's Death Penalty:Global Perspectives(アジア犯罪学会第6回年次大会 セッション9323地球的視野の下での日本における死刑の公正と適正手続)……Shinichi ISHIZUKA(石塚伸一),Actual Situation and Ciscussion concerning Death Panalty in Japan(日本における死刑をめぐる現在の状況と議論)……Shinichi ISHIZUKA(石塚伸一),Is Judicial Hanging a Cruel Punishment?(絞首刑は残虐な刑罰か?)……Yukihiro MASAKI(正木幸博),Secrecy Surrounding Executions in Japan(日本の死刑執行を巡る密行性)……Yusuke FUSE(布施勇如),Sentencing Standards for Death Penalty Cases: Did the Japanese Suupreme Court Kill the Legitimacy of the Death Penalty? (死刑選択基準―最高裁は死刑の正当性を亡きものにしたのか?)……Kenji NAGATA(永田憲史),Miscarriages of Justice and Death Penalty(誤判と死刑―袴田事件の教訓)……Kazuyuki Hori(堀和幸),Research Report on the Death Penalty in the USA (Part 1)(アメリカの死刑制度は、今)……Tomohiro KUROKAWA(黒原智宏),Research Report on the Death Penalry in the USA(Part 2): Thinking about the Future of the Death Penalty in Japan(日本の死刑制度の未来を考える―テキサスとワシントンD.C.調査を踏まえて)……Rie NISHIDA(西田理英),Death Penalty and Due Process(死刑と適正手続)……Kana SASAKURA(笹倉香奈),The EU's Road to Abolishing the Death Penalty(欧州連合の死刑廃止への道)……Maeve COLLIN(メイヴ・コリン), Public Attitudes to Wrongful Conviction in Death Penalty Cases(死刑事件における冤罪に対する国民意識)……Mai SATO(佐藤舞)
・性加害行為のある知的障がい者への支援に関する調査―福祉と心理教育による支援の状況と課題……山﨑康一郎ほか
・薬物依存からの回復は「患者」としてか、「障がい者」か、それとも……市川岳仁

▽捜査研究768

・途切れない支援のための「被害者ノート」の活用について……近藤さえ子
・〈Book Land〉刑務官への思いやりと改革断行―『刑務官へのエール~法務省“刑務官”局長のひとりごと~』……西田博著/廣済堂出版

▽犯罪学雑誌81-1

・〈巻頭言〉新しい時代の総合犯罪学の構築をめざして……藤田眞幸
・「法科学研究所」創設への提言―冤罪のない安全と安心の社会を目指して……藤田義彦

▽こころの科学180(創刊30周年記念増大号)

〈特別企画 統合失調症治療の現在〉III さまざまな立場からの統合失調症論:統合失調症患者の贖罪……青島多津子

▽精神科治療学30-2

〈特集 精神科治療学創刊30周年記念特集(2)―10年後の精神医療に望むこと,そのために今できること〉医療観察法・司法精神医学……五十嵐禎人

▽矯正医学63-2-4合併号

・〈講演〉心の傷と共に生きるということ―PTSDとトラウマ……宮地尚子
・〈シンポジウム〉産業医の観点から見た矯正医療―足りないもの、余裕のあるもの(物・者)……(司会)香川茂雄,(シンポジスト)平尾智広/砂山千明/進藤進/新妻宏文/藤井智恵子
・〈講演〉矯正医療と腎不全……宮嶋芳弘

▽図書館雑誌109-2

〈特集 トピックスで追う図書館とその周辺〉矯正と図書館サービス連絡会・第1回研究会「少年院・少年鑑別所の読書環境~全国調査から見えてきたこと~」の概要報告……井上奈智

▽刑法雑誌54-2

・被害者参加制度について……滝沢誠
・少年手続における付添人選任とその制度的保障……武内謙治
・〈講演〉中国における刑罰改革をめぐる最近の動向……張明楷/金光旭(訳)

▽法律論叢87-4・5

・韓国におけるマネーロンダリング関連法の特性―国際的要請への転換がもたらした効果(1)……金惠京

▽比較法雑誌48-3

〈ミニ・シンポジウム「台湾における刑法改正の現状と課題」報告〉監訳者はしがき……只木誠,2005年台湾刑法改正について……王乃彦/頼勇?(訳),台湾刑法における併合罪に関する近時の法改正について―代用罰金刑との関係を中心に……李錫棟/頼勇?(訳),近時の台湾における刑罰論に関する法改正について―2005年台湾刑法改正をふまえて……周慶東/頼勇?(訳)
・韓国における法定刑引上げと刑事立法に関する一考察……裵相均

▽関西大学法学論集64-6

・最高裁において平成二五年に確定した死刑判決一覧……永田憲史

▽神戸学院法学43-4

・少年法の一部改正について……内田博文

▽金沢法学57-2

・少年院法改正について……大貝葵

<TOP>

2015年2月
『刑政』4月号掲載

▽法務総合研究所研究部報告53

外国人犯罪に関する研究……新海浩之ほか

▽法務総合研究所研究部報告54

非行少年と保護者に関する研究―少年と保護者への継続的支援に関する調査結果……冨田寛ほか

▽更生保護学研究5

・更生保護における性犯罪者処遇プログラムの現状と課題―性犯罪加害者処遇に関する一考察……中村秀郷/大塚和徳
・出所受刑者の生活問題と社会復帰支援の課題……桐原宏行
・アジア犯罪学会第6回年次大会出席報告―アジアの保護司制度の紹介を中心に……田代晶子
・〈書評〉『保護観察のための発達障害処遇ハンドブック』宮本信也監修/日本更生保護協会 2014年3月発行……熊上崇

▽更生保護66-1

・社会貢献活動の本格実施に向けて……笠原和男
・東日本大震災後の更生保護の歩みと復興について……古川芳昭
・更生保護活動の先駆者に倣う……小林聖仁
・〈解説〉『平成26年版犯罪白書』の概要……野坂明宏

▽法学セミナー60-3

〈特集 現代刑法改正の検証〉企画の趣旨―現代刑法改正を検証する……松宮孝明,法定刑の重罰化……小島透,公訴時効・刑の時効の延長と一部廃止……中村悠人,自動車事故を巡る厳罰化のスパイラル―危険運転致死傷罪から自動車運転処罰法へ……本庄武,少年への厳罰化(少年法改正)……武内謙治,強制執行妨害の拡大と重罰化……大下英希,性犯罪の重罰化―真の問題はどこにあるのか?……島岡まな,電子犯罪関係……松宮孝明,秘密の保持をめぐる近時の動き―特定秘密保護法・不正競争防止法……安達光治

▽季刊刑事弁護81

・包摂か排除か―福祉的支援を確保して懲役刑を回避した事案……芝﨑勇介
・アメリカ少年司法の新しい潮流とわが国への示唆(下) 連邦最高裁判決における「少年」の再発見およびエヴィデンス・ベイスド・プラクティスによる厳罰主義からの脱却について……海瀬弘章
・〈法律家のための犯罪学入門〉(第22回)社会復帰に向けたノルウェーの刑事政策……浜井浩一

▽自由と正義66-1

・〈弁護士のための新法令紹介〉(第389回) 少年院法(平成26年法律第58号) 少年鑑別所法(平成26年法律第59号)

▽自由と正義66-2

・〈BOOK REVIEW〉「刑の一部執行猶予―犯罪者の改善更生と再犯防止」太田達也著/慶應義塾大学出版会(2014年5月刊)……齋藤実,「Q&A心神喪失者等医療観察法解説」(第2版)日本弁護士連合会刑事法制委員会編/三省堂(2014年8月刊)……浅田和茂,「ルポ・罪と更生」西日本新聞社会部著/法律文化社(2014年8月刊)……荻野太司

▽法律時報87-2

〈小特集 世論・裁判員裁判と死刑〉日本の死刑論/死刑存廃論争の現状と再定位―企画趣旨説明を兼ねて……伊東研祐,国際世論における日本の死刑―国際(人権)法の視点から……德川信治,日本の世論は死刑を支持しているのか……佐藤舞,裁判員制度と死刑情報の開示―裁判員制度は「死刑の存廃判断の深化」をもたらし得るか……若林秀樹,国民主義・民主主義は死刑を正当化しうるか―社会契約説の観点から……関谷昇

▽法曹時報67-1

・家庭裁判所事件の概況(2・完)―少年事件……最高裁判所事務総局家庭局

▽NCCD50(創刊第50号記念特別号)

・〈巻頭言〉50号記念号発刊に寄せて……菊田幸一
・犯罪被害者の満足利益とその刑事訴訟参加への影響……吉田敏雄
・Transnational Economic Crimes against Global Environment and Ecology―'Janus-faced Greenwash'by Multinationals-States-Complex and its Butterfly Effects……Noriyoshi Takemura
・罪を犯した人たちと共に生きる―「マザーハウス」の取り組み……細井洋子/五十嵐弘志
・裁判員裁判の実施状況分析からみる市民の正義感―法と犯罪学の視点から……山本聡
・新法(刑事施設法)における処遇の実際と問題点……菊田幸一
・50号によせて―厳罰化と保護処分……上野正雄
・死刑問題に関する文献(49)……辻本衣佐

▽共生と修復4

・〈巻頭言〉被害と加害、地域社会の対話に期待する……片山徒有
〈特集 修復的実践の広がり〉NPOによる少年院における「被害者の視点を取り入れた教育」プログラム……山田由紀子,修復的正義・修復的実践の現状と法教育の可能性……宿谷晃弘
〈小特集 加害者支援の現在〉性暴力・DV・児童虐待支援におけるコミュニティアプローチの可能性―ジェームス・プタセク「骨抜きに抗して」(米国)……小松原織香,加害者家族と人権……阿部恭子,更生に関する問題点とマザーハウスの活動……五十嵐弘志,マザーハウスを語る……Sr.ガブリエラAiko ほか
・ドメスティックバイオレンスと支援のあり方……瀧田信之
・いじめ防止対策推進法および国基本方針―子どもと「加害」の視点から読む……安東陽平

▽捜査研究767

・警察による犯罪被害者支援に係る取組状況等について……杉俊弘

▽月刊福祉98-3

・〈論点・社会福祉〉現代社会における高齢者の犯罪を考える……前田忠弘

▽犯罪心理学研究52-2

・児童相談所で非行少年に実施されたWISC-IVの分析―P>Vプロフィールの検証……緒方康介
・非行少年の風景構成法の描画特徴について……菅藤健一/森丈弓
・少年鑑別所の資質鑑別面接における間主観性……里見聡
・犯罪者処遇におけるポジティブ心理学的アプローチの可能性―性犯罪者処遇の動向からの考察……大江由香

▽法と精神医療29

・責任能力における「精神の障害」―最近の動向を踏まえて……水留正流
・〈講演〉医療観察法における通院処遇の課題……松原三郎
〈シンポジアム「発達障害と法」〉シンポジアムの概要……浅田和茂,自閉症スペクトラム障害が関与する事件と司法鑑定―現状の問題点と課題……十一元三,事例報告―アスペルガー障害と量刑……辻川圭乃,自閉症スペクトラム(広汎性発達障がい)をかかえる方に精神科医療ができること―特に青年期について……来住由樹

▽精神保健研究28

〈特集 メンタルヘルスにおける家族支援の意義〉欧米の影響を受け変化するわが国の薬物依存症者の家族に対する支援……近藤あゆみ,精神障害を有する加害者の家族のメンタルヘルス―医療観察法における家庭内事件に焦点をあてて……安藤久美子ほか

▽國學院法學52-2

・暁烏敏『教行信証講話』を通してみた親鸞聖人の罪悪人観―日本仏教的新刑法思想への展開……白井駿

▽産大法学48-1・2

・暴力団排除条例と今後の組織犯罪法制……田村正博

▽関西大学法学論集64-5

・施設見学記録(平成二四年分)……永田憲史

<TOP>

ホームへ 前のページへ


Copyright (C) 2003-2015 Japanese Correctiional Association Library, All rights reserved.
<お問い合わせ>